« 世界一花嫁衣装が似合う男性 | トップページ | ちびちび大集合 »

2007年11月 5日 (月)

眠らないコツは?

前日に引き続き古典芸能鑑賞。今日は能楽堂へ。

今回もカクッカクッと寝てしまった。決して「つまらない」とか「退屈」というわけではないのに、どうしても睡魔に勝てない。正面の前から3列目で寝るのは演者にたいへん申し訳ない。申し訳ないと思いつつ、カクッと…。

演目は狂女物のひとつ「隅田川」。以前から見たいと思っていた。狂女物の中には、子を失ってさまようというストーリーが「隅田川」「桜川」「百万」と3つある。「桜川」「百万」は無事に我が子に会えるのだけど、「隅田川」だけはすでに子が亡くなっているという悲劇。

数年前に「桜川」を見たときに、そんな解説を聞いて、是非「隅田川」を見てみたいと思っていた。

生きている子どもに会えなかった狂女は、霊となって現れた子どもを抱きしめることもできない。でも、最後に去っていく狂女は、どことなく「浄化」した雰囲気を漂わせる。

悲劇だけどドロドロしない。そこが、究極の美を追究する能という感じがする。と同時に、ネガティブ(あるいはマイノリティ)に対する日本人独特の許容ともとれる。狂女も美しく、死んだ子どもも美しく。

と、あれこれ考えてみるものの、寝てしまっては元も子もない。どうしたら眠くならずに集中できるのか。能楽ファンの方、眠らずに楽しむコツをご指南くだされ。

今日の「ありがとう」は、席を譲ってくださったJ子さんと、初めてお会いした古典芸能ファンのI川さんに。

« 世界一花嫁衣装が似合う男性 | トップページ | ちびちび大集合 »

コメント

 これだけ的確に舞台を鑑賞してもらえれば能役者としても本望でしょう。それなのにどうして眠くなってしまうのかな。わたしも熱海で見た題目ですが、眠くなるような内容ではないと思うのだが???。

>ジージさん

たぶん、あの地謡が眠りを誘うのでしょう。
決して退屈で眠いというわけではないのです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/8770230

この記事へのトラックバック一覧です: 眠らないコツは?:

« 世界一花嫁衣装が似合う男性 | トップページ | ちびちび大集合 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ