最近のトラックバック

« 技術の進歩より速いものは | トップページ | 富士山が消えた »

2007年11月25日 (日)

データの記録と頭の記憶

ここのところ、仕事を含め、いろいろと忙しいかったので、まったくブログを更新できなかった。この忙しさはまだまだ続く見通しなので、今回の連休は出かけないつもりでいたけど、予報によると天気は良さそうだし最近海は良好だし、このまま閉じこもっていて、「今日の海は最高でした〜」なんて報告を受け取ったら悔しいだろうなぁ、きっと後悔するに決まってる!と、先に立たない後悔を先に立たせて、出かけてしまいました西伊豆へ。

そして、当日の朝まで逆の後悔が頭を満たす。「忙しいくせに海なんかに行っていいのか?本当に大丈夫なのか?」と。

Dscf1248海に近付くと思ったより風と波があるけど、空はまっ青、水もまっ青。頭も心も海モードにスィッチ!「後悔」?何それ?

11月は海がとてもいい。のんびりビーチではコスジイシモチがトサカの内側でゆらゆら。まるで観賞用の水槽の中のよう。

Dscf1238Dscf1237水温が下がってきたので、いよいよマトウダイも登場。これまたのんびりで全然逃げないので、正面顔も撮ってみました。

Dscf1345 そしてボートポイントも青さ全開!これ、きれいな泡…に見えるでしょう?実はキビナゴの群れ。水面近くでかたまって移動したり、中層をずーっと横断していったり、どの動きも、わぁーっと声をあげそうなくらいきれい。

キビナゴの群れを追って、イナダの大群も登場!今月購入したばかりのデジカメで必死に写真と動画を撮影。が、しかし、このとき撮った動画は、帰りの電車の中で、デジカメをいじってる最中に「手違いで」削除してしまった!データが消えていくのと同時に、それ まで鮮明に頭に残っていたイナダのイメージまでもが、スッと消えそうになる。ここで忘れてなるまいと、目をつぶって一生懸命思い起こす。

Dscf1374 えーと、キビナゴの群れを見送ると、視界の右側から、魚の群れがカーテンのようにざざざーっと入り込んでくる。イナダが左向きに頭をそろえて並んでる。長い行列、そして縦方向にも広がって。まるで「イナダの壁」。一度通り過ぎたイナダの壁が、またこちらに向かってくる。両脇をイナダが駈け抜けていく。いつのまにかイナダに巻かれて、360度イナダの壁。イナダが視界を遮ってほかのメンバーの姿が見えない。はぐれたらどうしよう?でも、透明度がいいからきっと大丈夫。心臓バクバク、呼吸はゼーゼー。

そんな状態だった。しっかり頭の中のメモリーに書き込まないと。週末ガイドしてくれたYさん、Aさん、ありがとうございました。他のスタッフの方々もお世話になりました。

Dscf1419 ちなみに、帰りの新幹線に乗る際に、当然のことながらビールとつまみを購入(オヤジですかい)。つまみのミックスナッツのパッケージの裏面を何気なく見ると、原料の「ピーナッツ」だけがなぜか太字。販売元はアメリカ系の会社。………これは「ピーナッツは中国産です」という注意喚起かな〜〜〜。

最近忙しかったとはいえ、ちょくちょく人に会ったりして、そのたびに楽しい話をして、お土産なんぞをいただき、「ありがとう」を言いたい人が、実はたくさんいる。10日分の「ありがとう」をみなさんに。

« 技術の進歩より速いものは | トップページ | 富士山が消えた »

コメント

お仕事諸々、お疲れさまです。
「忙しいくせに○○をして大丈夫なのか?」と思う状況、あります…。
でも「折角の休日なのに~」と気持ちも大きい。
そんなときはやはり楽しむしかないでしょう♪
その後、一生懸命お仕事に励めば大丈夫です!
(半分、自分に言い聞かせ。。。)

連休の海には素敵な世界が広がっていたのですね。
マトウダイの正面顔笑えます。
この魚、個性的な姿ですよね。
確かゼウスという名を持っていたような・・・?

>mariさん

マトウダイの学名はゼウス・ファベルです。立派な背びれが全能の神にふさわしいからだとか。
ちなみに和名のマトウダイは、体側の班が「的」のようだからという説と、捕食するときに口を広げた様子が馬の顔よう(馬頭)だからという説があります。

あ、mariさんだったらとっくにご存じですね(^^;

マトウダイは高級食材なんですよね。

マトウダイ、うすうすでかわいいですねえ。

キビナゴのキラキラも目に浮かぶようです。

私は年末まで仕事、仕事です。

>ひでこ儘さん

マトウダイ、「食べる部分なんてあるの?」ってくらいホントーに薄いです(笑)

お仕事頑張ってください。
そして来年もたくさんたくさん潜ってください。

マトウダイって、カワハギ系の味なんですか?
似てるのは形だけ?
キビナゴ,イナダの群れ 見事ですねェ。

 マトウダイは誰かがいたずらでミノカサゴとカワハギをくっつけて泳がせているみたいですね。はじめて見ます。
 水戸のお殿様は「楽しみは後に」ということで後楽園を作りました。「楽しめるとき楽しんだら後に来る苦労を乗り越えられる。」これはわたしの経験から引き出した考え。どちらにしてもせっかくの人生、楽しく生きてください。

マトウダイの正面顔はベストショットです。(新しいカメラの誤操作でデータ削除とは残念)
面と向かってもひるむことなく、「のんびりで全然逃げない」でゆっくりと泳ぐ姿は、他の魚とは一線を画するところなんでしょうね。
学名がゼウス・ファベルとは、これまたギリシャ神話の最高神の名前が含まれているんですねー。

小生も同時期に取込みがあって繁忙を極め、ブログを10日間休んでいました。
suzieさんと同じ様に二律背反に陥り、何からどう手をつけたらいいのか迷いました。
そんな折、mariさんが背中を押してくださったお陰で、心温まる「母娘展」に触れることができ、前後して抱えていた仕事もはかどり一段落しました。

>ぷうちゃん

マトウダイはマトウダイ目マトウダイ科だそうです。
カワハギはフグ目カワハギ科。
マトウダイは、おちょぼ口のカワハギと違って口がガバッと伸びます。

>ジージさん

楽しみは「タイミング」が重要ですね。
タイミングを逃さずに人生を楽しみ、苦難を乗り越えたいものです。

>omotannさん

だいぶお忙しかったようですね。
お忙しい中でも、お子さんやお孫さんと楽しい時間を満喫されたことと思います。

迷ったときは、ちょっと立ち止まってみる、ちょっと道草してみるのも良いことですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/9105907

この記事へのトラックバック一覧です: データの記録と頭の記憶:

« 技術の進歩より速いものは | トップページ | 富士山が消えた »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ