最近のトラックバック

« 歌舞伎にも二八の法則 | トップページ | 美人の後ろ姿 »

2007年10月22日 (月)

くっきり富士山は…

いつも通り東名高速で沼津に向かうと、いつもよりも富士山がくっきり。しかも立体的に見える。

途中で灰色の雲が全面を覆ってしまったけど、井田に到着すると予報通りの青空で、海の向こうには富士山の全景。この「くっきり」な見え具合は、「天気がいいけど(波が高くて)潜れない」ときの見え具合に似ている。今(朝)はまだ海は静かだけど、そのうち波が出てくる気配。海が荒れ出す前にちゃっちゃと潜ることにする。

Pa201206 思いっきり晴れたおかげで、浅場の海の中は、太陽光のカーテンがゆらめく。水温は21〜22度だけど、それほど寒さは感じない。

Pa201191 幸いにも、波が立ち始めたのは昼を過ぎてだいぶたってから。私たちは、海が穏やかなうちに、のんびりゆっくり水中の風景を楽しめた。キリンミノカサゴの幼魚はつぶらな瞳がかわいい。

ダイビングのあとの昼食は豚汁。食べる直前に鍋に生卵を落とす。あれ?豚汁に卵って入れる?食事担当のM曰く「みそ汁に落とし卵(かき玉みそ汁ではない)をするでしょ。その感覚で豚汁に卵を入れてみた」。みそ汁に落とし卵は愛知の習慣か?

帰りには沼津のわらび餅・くず餅屋さんに寄って、各自お土産を購入。いつもながら食べる話題が多い日帰りダイビングだった。

週末の「ありがとう」は、いつものメンバーM、B、Yとたまたまご一緒したK子ちゃん、そして実はとっても若かったY君に。

« 歌舞伎にも二八の法則 | トップページ | 美人の後ろ姿 »

コメント

この時期の富士山は、きれいですね。特に、夕暮れ時は最高です。何度散歩のときに「カメラ持ってくればよかった~!」と思うことか。いつも二匹の犬に追い立てられ、忘れるのです・・・。

そうそう、リチさんのところも富士山が見えるんですよね。
富士山がきれいに見えるようになると、冬が近づいてるな…って思いますね。

ダイビングの経験はありませんが、「くっきり富士山は、天気がいいけど潜れないときの見え具合に似ている」というニュアンス、なんとなく解るような気がします。

本題から逸れますが、富士山遠望でこれまで印象深いのは、湘南海岸からの眺めと、ニューヨークからの帰路に雲から頂を突き出して出迎えたくれた光景です。

キリンミノカサゴは幼魚なんですか。幼魚でも大きそうな感じがします。味噌汁にも豚汁にも落とし卵は初めて聞きました。月見味噌汁、豚汁ってことなのかな?

>omotannさん

NYからの飛行機でご覧になった富士山、特別な感慨をもたれたことでしょう。

私も乗り物(飛行機、電車、車)から見る富士山に“なぜか”感動します。
富士山は特別な山ですよね。

>ばななちょこみるくさん

このキリンミノの幼魚は10cm弱くらいだったかな。
この日はネッタイミノカサゴの幼魚もいました。南方系カサゴのフィーバーでした(^^;

味噌汁や豚汁に落とし卵って、珍しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/8554335

この記事へのトラックバック一覧です: くっきり富士山は…:

« 歌舞伎にも二八の法則 | トップページ | 美人の後ろ姿 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ