最近のトラックバック

« 初めての海 | トップページ | くっきり富士山は… »

2007年10月15日 (月)

歌舞伎にも二八の法則

御園座の「吉例顔見世」。菊之助丈が昼一役、夜二役出演するので2日に分けて鑑賞しました。「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」のかさね、「鳴神(なるかみ)」の雲の絶間姫、「達陀(だったん)」の青衣の女人。いずれも客席から溜息が漏れるほどの美しさ。

かさねは、顔が醜くなってからが迫力もので、菊之助丈が主演した映画「怪談」よりも、こっちの方がよっぽど恐ろしかった。

達陀は菊之助ファンになるきっかけとなった演目。2004年の歌舞伎座で、青衣の女人に“一目惚れ”したのだ。花道に登場した青衣の女人は、どこからどう見ても女性としか思えず、「誰!?誰!?あの美女は誰!?」と動揺しながらチラシで菊之助丈の名前を確認したのでした。3年半ぶりにみた青衣の女人は、一段と美しく妖艶で、いっそう引き込まれました。

この達陀は、僧侶の群舞が見もの。僧侶が踊るんですよ。踊ると言っても「ちん・とん・しゃん」な踊りではありません。トンボ返りなどダイナミックな動きをふんだんに盛り込んだ創作舞踊。ワクワクするほど楽しい演目です。

今回の名古屋遠征、古典芸能仲間(仲間というか先輩方というか)と一緒だったので、何から何までお任せ状態で、ただくっついて行くだけでまるっと歌舞伎を堪能できました。特にM夫妻は歌舞伎に造詣が深いだけでなく、遠征スペシャリスト。菊之助丈の公演では博多、京都、名古屋など各地にいらっしゃる。そうなると、同様に遠征スペシャリストであるコアな歌舞伎ファンとも顔見知り。中には毎週末、地方公演に足を運ぶ方もいるとか。

好きな人は、何度でも、どんなにお金と労力を費やしてでも、見に行く。ファンとはなんてありがたいものでしょう。きっと、二割のコアなファンが、公演の八割の売上を創出しているに違いない。

歌舞伎にも二八の法則があると気づいた週末でした。

週末の「ありがとう」は、M夫妻、Kさん、J子さん、現地でお会いした方々みなさんに。

« 初めての海 | トップページ | くっきり富士山は… »

コメント

とんと無調法なもので、歌舞伎はよく分かりませんが、文字通り「歌い、舞い、伎(技芸、芸人)」の世界なんでしょうね。

歌舞伎の醍醐味を堪能されたようですね。

確かに自分の好きなことであれば、金に糸目もつけず、いかなる労をもいとわないものです。

「歌舞伎にも二八の法則」ですか。

>omotannさん

まさしく「歌い、舞い、伎」でした。
そうなのです。
好きなことならお金に糸目もつけず……、
人によって「糸目」のレベルはさまざまですが(^^;

>トンボ返りなどダイナミックな動きをふんだんに盛り込んだ創作舞踊。

重い衣装を身に着けて動き回る歌舞伎役者たちは、皆さん素晴らしい肉体の持ち主ですよね。
筋力、凄いのでしょうね~。

古典芸能仲間さん達と過ごした週末。
充実の思いでしたね。

>mariさん

平たい言葉でしか表現できませんが、「とってもとっても楽しかった」です。

mariさんが幸せオーラに浸っている同じ日に、私も至福の1日を過ごせました。
幸せは波及するんですね(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/8434036

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎にも二八の法則:

« 初めての海 | トップページ | くっきり富士山は… »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ