最近のトラックバック

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

おいしいものはご近所で

10月31日は「ハロウイン」だそうです。“だそうです”というのは、ハロウインが何だかよくわかっていないから。

ハロウインとは「万聖節」の前日のことで、万聖節とはカトリックの諸聖人の記念日とのこと。

よくわからないままに、世の中では誰のさしがねかハロウインを日本に定着させようとする風潮が強くなっているので、ちょっとそれに乗ってみました。

Dscf1032紫光庵の美奈子さんとみーちゃんのもとに集まったのは、Cちゃん、Yさん、Aちゃんと私。供されたのは、カボチャのカナッペ、イカスミポトフ、タルトタタンのマロンフロマージュ添え。どれも美味しくて、一気にペロリ。けっこうお腹がふくれてしまいました。

美味しいもの、といえば、ここのところ続いているのが食品の偽装表示問題。とうとう○兆グループまでもが…。消費期限を1カ月過ぎたものさえも販売していたというから驚きだ。1カ月過ぎても腐っていなかったのか、という意味でも驚きです。

材料を厳選して、製法にもこだわって、一流料亭が出しているお菓子。保存料をやたらに入れているはずはないというイメージを勝手に抱いてたけど、真空パックでなくて1カ月以上もつプリンとかゼリーって一体…。

全国有名デパートでは必ずと言っていいほど売っている、私の好きな「鶴屋○信」とか「た○や」の和菓子なんかも、もしかして?と疑ってしまう。いくら流通が発達したとはいえ、広範囲で大量販売するのに、添加物ゼロであのやわらかい口当たりを保つのはかなり無理があるのでは?

そんなわけで、最近は地元にある菓子製造販売所「ニコニコ家」で和菓子を購入している。ちっちゃいお婆ちゃんが器用に紙と紐で包装してくれます。なかなかおいしいです。

おいしいものはご近所調達が基本だ。

Dscf1068 今日の「ありがとう」は、美奈子さん、みーちゃん、Cちゃん、Yさん、Aちゃんに。

2007年10月28日 (日)

湘南からのおいしい風

あっという間に台風が過ぎ去り、今日は雲ひとつ無い青空。

Dscf1006 「天高く、馬肥ゆる秋」ということで、美味しいものが届きました。甥が芋掘り遠足でどろんこ真っ黒になって掘ったサツマイモのお裾分け。一番大きいものは300g以上あるけっこう立派なお芋です。自分のうちでもたくさん食べたらしいし、ご近所にも配ったという話だし、それと私に送ってくれた分と合わせると………、いったいどれだけたくさん掘ったのかしら!!??

うれしそうに芋掘りしている甥の姿を想像しながら、ついつい顔がほころぶ。

Dscf1004 お芋と一緒に荷物に入っていたのが湘南名物(?)「しらすせんべい」。ちょうど、某公共放送の今朝の「小さな旅」が湘南でした。59歳で大会にも参加する現役サーファー、50年以上湘南の海をとり続ける地元住民、それをインタビューする58歳のベテラン・アナウンサー。民放が映す「湘南」とは、だいぶ趣が違いました。

ちなみに私の世代にとって、湘南=サザンです。かつては「日本語を乱す」と非難されたこともあるサザンの歌。今どきの歌と比べれば、ずいぶん素直で分かりやすい。

Dscf1010 などと考えているあいだにサツマイモが煮えました。皮ごとがっつりいただきまーす。

今日の「ありがとう」は甥と義姉に。

2007年10月23日 (火)

美人の後ろ姿

ブログにアップしようと思いつつ、10日ほどあたためてしまった写真。

Pa101148 この後ろ姿、美人でしょう?もちろん、正面から見てもべっぴんさんですが、この背中の曲線、そして模様。美しいですね〜。

紫光庵の看板猫、みーちゃんでした。

2007年10月22日 (月)

くっきり富士山は…

いつも通り東名高速で沼津に向かうと、いつもよりも富士山がくっきり。しかも立体的に見える。

途中で灰色の雲が全面を覆ってしまったけど、井田に到着すると予報通りの青空で、海の向こうには富士山の全景。この「くっきり」な見え具合は、「天気がいいけど(波が高くて)潜れない」ときの見え具合に似ている。今(朝)はまだ海は静かだけど、そのうち波が出てくる気配。海が荒れ出す前にちゃっちゃと潜ることにする。

Pa201206 思いっきり晴れたおかげで、浅場の海の中は、太陽光のカーテンがゆらめく。水温は21〜22度だけど、それほど寒さは感じない。

Pa201191 幸いにも、波が立ち始めたのは昼を過ぎてだいぶたってから。私たちは、海が穏やかなうちに、のんびりゆっくり水中の風景を楽しめた。キリンミノカサゴの幼魚はつぶらな瞳がかわいい。

ダイビングのあとの昼食は豚汁。食べる直前に鍋に生卵を落とす。あれ?豚汁に卵って入れる?食事担当のM曰く「みそ汁に落とし卵(かき玉みそ汁ではない)をするでしょ。その感覚で豚汁に卵を入れてみた」。みそ汁に落とし卵は愛知の習慣か?

帰りには沼津のわらび餅・くず餅屋さんに寄って、各自お土産を購入。いつもながら食べる話題が多い日帰りダイビングだった。

週末の「ありがとう」は、いつものメンバーM、B、Yとたまたまご一緒したK子ちゃん、そして実はとっても若かったY君に。

2007年10月15日 (月)

歌舞伎にも二八の法則

御園座の「吉例顔見世」。菊之助丈が昼一役、夜二役出演するので2日に分けて鑑賞しました。「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」のかさね、「鳴神(なるかみ)」の雲の絶間姫、「達陀(だったん)」の青衣の女人。いずれも客席から溜息が漏れるほどの美しさ。

かさねは、顔が醜くなってからが迫力もので、菊之助丈が主演した映画「怪談」よりも、こっちの方がよっぽど恐ろしかった。

達陀は菊之助ファンになるきっかけとなった演目。2004年の歌舞伎座で、青衣の女人に“一目惚れ”したのだ。花道に登場した青衣の女人は、どこからどう見ても女性としか思えず、「誰!?誰!?あの美女は誰!?」と動揺しながらチラシで菊之助丈の名前を確認したのでした。3年半ぶりにみた青衣の女人は、一段と美しく妖艶で、いっそう引き込まれました。

この達陀は、僧侶の群舞が見もの。僧侶が踊るんですよ。踊ると言っても「ちん・とん・しゃん」な踊りではありません。トンボ返りなどダイナミックな動きをふんだんに盛り込んだ創作舞踊。ワクワクするほど楽しい演目です。

今回の名古屋遠征、古典芸能仲間(仲間というか先輩方というか)と一緒だったので、何から何までお任せ状態で、ただくっついて行くだけでまるっと歌舞伎を堪能できました。特にM夫妻は歌舞伎に造詣が深いだけでなく、遠征スペシャリスト。菊之助丈の公演では博多、京都、名古屋など各地にいらっしゃる。そうなると、同様に遠征スペシャリストであるコアな歌舞伎ファンとも顔見知り。中には毎週末、地方公演に足を運ぶ方もいるとか。

好きな人は、何度でも、どんなにお金と労力を費やしてでも、見に行く。ファンとはなんてありがたいものでしょう。きっと、二割のコアなファンが、公演の八割の売上を創出しているに違いない。

歌舞伎にも二八の法則があると気づいた週末でした。

週末の「ありがとう」は、M夫妻、Kさん、J子さん、現地でお会いした方々みなさんに。

2007年10月 7日 (日)

初めての海

さかのぼることXX年前。初ダイビングは雲見だった。最後に雲見を潜ってからもう10年以上。で、この連休に、意を決して南伊豆の雲見へ!

以前からここに書いているように、私は自他共に認める晴れ女。天気ならお任せあれ。ただし、水中までは責任が持てません。

そして地上は「日焼け止め必須」というくらいに晴れ、海はうねりが出てクローズに。

Pa071114 代替ポイントとして、2日間田子で潜りました。ひとつのトサカ(ソフトコーラル)に6匹くらいスケロクウミタケハゼが住み着いている「スケロク村」トサカを見つけたり(画像はオルトマンワラエビとスケロク)、キビナゴの大群とそれにアタックするカンパチを眺めたりして楽しめたけど、やっぱり雲見に潜りたかった(T_T)

ダイビングサービスのMさんと奥様が「雲見に潜れなくてすみませんでした」とおっしゃる。いやいや謝らないでください、海況は誰の責任でもないのだから。でも、やっぱり残念です。雲見クローズ。

だから必ずまた来ます。今度は雲見をガイドしてくださいね。

Pa061086 宿泊の夕飯には、特別に伊勢エビの刺身とみそ汁が。決して潜って獲ってきたのではありません。ダイビング終了後に田子の漁港でいただいたのです。伊勢エビをくださった“社長”は、そのときすでに大瓶ビール2本を空けていました。ちゃんと記憶はあるかな?

連休の「ありがとう」は、ダイブストアEのMさんファミリー、常連のA夫妻とRさん、そして社長に。

2007年10月 2日 (火)

イワシからウロコ

今日はとってもイワシが食べたくなったので、イワシを買いに魚屋へ。

皿に盛られているイワシ。なんだかいつもよりキラキラして見える。照明のせいかな?そのお店はもともと新鮮な魚を売っているので、どの皿でもいいや、とじっくり吟味することなくさっさと購入。

さて、帰宅してイワシを袋から取り出してみると、ウロコがたくさん残ってる!

ときどきお邪魔するmariさんのブログ「海辺のねこ」に先日、イワシに関する記事があり、新鮮なイワシを選ぶコツとして「ウロコがはがれやすい魚なので、ウロコが決め手です」というのを読んだばかり。

ウロコが付いているイワシなんて、市場にでも行かないとなかなか手に入らないんじゃないかな〜、と思っていたけど、本当にこんなにウロコが残っているなんて感激。

Pa021029 というわけで、写真を撮ってみました。写真だとウロコがちょっとしか分かりませんね。う〜ん、残念。

大きめの2匹はお刺身。残りは梅干し煮にしました。

今日の「ありがとう」はmariさんと魚屋さんに。あ、新鮮なイワシにも「ありがとう」。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ