最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

青いシャンペンで乾杯

週末からいきなり肌寒くなりましたね。突然の気候の変化に、晴れ女パワーを発揮しきれず、久しぶりに小雨そぼふる中のダイビング。
地上の温度が低いので、水が温かく感じる。

ずっと秋とは思えない濁り気味の海だったけど、「これぞ秋の海!」という透明度に回復!これで天気がよかったらどんなに美しかったでしょう。でも、もし晴れの光がふんだんに海に差し込んでいたら、一生海からあがってこられなかったかも。それくらいきれいな海でした。

まるでシャンペンのような泡々。ダイバーのエアの気泡。
P9290956

イワシの群れも元気に移動。
P9291026

まるで1日が3時間くらいしかなかったかのように、あっという間に時間が過ぎてしまった。週末の「ありがとう」は、一緒に潜ったKちゃん、Mちゃん、Bちゃんと、陸番参加のY&Sちゃん、Aちゃん、Y江。そして井田DCのみなさんに。

2007年9月25日 (火)

ミッションを遂行せよ

秋のダイビング合宿後半です。

P9230822 今の時季はなんといってもサンマですよね。半分に切らずに、丸ごと、しかも炭火で焼いたサンマ。おいしゅうございました。あ、これは夕飯のおかずです。決してダイビング中に捕獲したものではありません。

水中では、自力でハナタツやミアミラウミウシを見つけたり、ボート移動中にハンマー(シュモクザメ)の背びれを目撃したり、ところどころにサプライズ。

最終日のラスト1本は、若者に仕事のやりがいを感じてもらおうと、ガイドのN君にウミテングを必ず見つけるようにとリクエスト。

とにかくウミテングがいるらしいエリアに向かい、砂地をじーっと眺めながららうねうねと移動。ときどき透明なシラスの群れに注意を奪われつつも(N君は脇目もふらずウミテング探しに没頭)、地道に砂地を捜索。20分近く経ったでしょうか。やっぱりダメかな〜。そろそろ「あきらめましょう」サインを出した方がいいかな〜。と思いながら、またシラスの群れに気をとられているところで、N君が「居たーーーーーー!」と私のすぐそばを指差す。

P9240894 ああ良かった。見つけたウミテングは背中が白くて砂地に同化。これじゃぁ簡単に見つからないわ。嬉しいと同時に、ミッション完了の充実感と安堵感と疲労感が…。

もちろん、合宿中はこのほかにもイサキの大群やカンパチ、カミソリウオ、オオモンカエルアンコウ、ネジリンボウ、セミホウボウなどなど、いろいろと会うことができました。

P9170633 ところで、前回の写真を頑張って見てくださった方々へ。背景をぼかして少し分かりやすくした(つもりの)写真がこちらです。2匹、縦に並んで右向きに写っています。

今週末も、安良里ダイビングセンターの皆さんに「ありがとう」。

2007年9月18日 (火)

このきらきらを伝えたい

今回も晴れ女パワーを発揮し、ナイトダイビングも含めて、3日間たっぷり潜ってきました(3日目の晴れは予報通りでしたが)。

ちなみに私はナイトダイビングがあまり好きではない。夜の海は、暗くて閉塞感があって昼よりも寒く感じられる。今までのナイト本数は、たぶん5本にも満たないと思う。

今回、ナイト期間の最終日ということで、「勧められたからなんとなく」ナイトをすることにした。安良里では初めてのナイト。けっこう面白くて、ずいぶん長い時間、水中に浸かっていました。生まれて初めて見るサカタザメ、シマウシノシタ、ウミエラきらきらなど「初」づくし。さらに「たぶん見られないだろうな〜」とまったく期待していなかった、人生2度目のメガネウオ遭遇。

“ウミエラきらきら”は、羽根ペンの形をした海草のようなウミエラ(実は動物)が、きらきらと光る粒子(?)を水中に流出させる様子。残念ながら写真にもビデオにも撮ることができません。見たことのない人に、あのきらきらをどうすれば伝えられるのか…。

例えば、ディズニー映画に登場する良い魔女が、魔法をかけるためにスティックを振ると、そこから星くずのような細かい光りがさらさらっと流れ出ますね。あんな感じです。

P9150530暗い海でもなんとかはっきり撮れたシマウシノシタ。ぽちぽちっと付けた目玉。まるでアニメに出てくるような表情。どうも「真剣」には見えないこのとぼけた顔。

P9160584昼間の海では、ムスメウシノシタの稚魚をみせてもらった。わかりますか?透き通った平たい魚。右上が頭、左下が尾です。

P9160577 地上では、ガイドのN君をぱちり。こ、この配色センスはちょっと………(^^; でもおかげで透明度の低い水中でも簡単にN君が見分けられました。

さて、最後に問題です。下の写真には魚が写っていますが、分かりますか?ダイバーじゃない人には超難問。
P9170633

週末の「ありがとう」は安良里DCのみなさんに。

2007年9月12日 (水)

決断力と選択力

指導者に必要な資質ってなんだろう?

いろいろとある中で、その一つは「決断力」だと思う。AとBのどちらを選ぶか、という選択力よりも、いつ決めるか、の決断力。もちろん選択力(見極める目)も必要ですが。

安倍首相、今日突然の辞任表明。

決断のタイミングを外しすぎてやしませんか?それじゃぁ、日本全体が費やしたあの時間と労力とお金は、何だったのか?たぶん、安倍首相擁護派でさえ、彼をねぎらう人は居ないのではないかと。周りが引き留められなかったということは、留任できないくらい“壊れて”いたのかもしれないけれど。

決断力は、危機管理能力に通じる。時宜を外す指導者は、果てしなく不安だ。

ちゃんと政治をやってくれる政治家を選ばなければ。
結局、国民に見極める目が無いってことなんでしょうか。トホホ。

2007年9月 9日 (日)

微笑みの不思議

電車に乗ったら、手すりにつかまって立っている老婦人と目があった。すぐ横に立っている付き添いの女性が腕を支えている。かなりご高齢(らしい)この老婦人、数カ月前にも、会った。

数カ月前,電車に乗り込んだら、目の前の席にその老婦人と付き添いの女性が座っていた。私と目があった老婦人は、「あら?」というような表情をして笑った。ので、もしかしたらどこかで会ったことがあったっけ?と思い、一応会釈をした。すると、その老婦人は嬉しそうに笑って、会釈を返した。

やっぱりどこかで会ったのだろうか?と、一生懸命考えたけど、思い出せない。たぶん初対面、というか、まったく知らない人…。この老婦人の昔の知り合いが、私にそっくりだったとか?

と、あれこれ考えながら老婦人を見ると、また目が合った。が、今度はまったく無反応・無表情。最初に目が合ったときの微笑みが幻だったかのように。

そして今回、目が合うと、数カ月前と同じように「あら?」というような表情をして笑った。ので、こちらも笑って会釈した。すると、老婦人も嬉しそうに笑って会釈を返した。そして、数カ月前と同様、それきり、最初の笑顔は幻のように。

不思議〜〜〜。でもそれは“楽しい”不思議。彼女は私の顔に何を見ているのだろう?しかも1回目だけ消える何か。「なぞなぞ」を出されたような気分の私。今度はいつ、この老婦人に会えるだろうか。

P9090520今日は国立劇場に文楽鑑賞に行ってきました。劇場で購入した「まねきねこチョコ」。招き猫の形をした精巧なチョコ???と思ったら、白いチョコボールが2つ入った個装ビニール袋に、招き猫の耳や目、足などが描かれていた。「やられた!」と、ぷぷっと笑ってしまった。

今日の「ありがとう」は、私に笑顔を向けてくれた老婦人、Jさん、Cさん、Kさん、Tさんの奥様、美奈子さん,suiさんなどなど多くの人たちに。

2007年9月 2日 (日)

まるで降るような…

「降るような」と言えば「星」です。実際、お盆には山口県の見島で星の降るような夜空に感動しました。が、今回は違います。降るような「アジ」です。

土曜日のIOPは波があるものの、IOPとしては「ふだん通り」の海況。事前の情報で、「イナダのグループが見られる」と聞いていたので、光り物に期待しながら1本目エントリ。

P9010482 はじめはあまり魚の群れがいなかったので「残念、はずしたかな?」と思っていると、アジの群れが集まりだした。その向こうにキビナゴの群れが表れ、ざわつきはじめる。すると、イナダが1匹…3匹、反対側からも3匹くらい、グループが合体してそのうち10匹に。

P9010515 イナダがキビナゴを追って去っていくと、そのあとにアジがわーっと戻る。それが降るように集合する。ほんとうに「降るように」。

2本目はちょっと遠くまで脚を伸ばして、再びイナダの出現を待つ。なかなか表れてくれない。イサキの群れと一緒に泳ぎながらもほとんどあきらめていると、もう少しで「ブリ」と呼んでもいいようなワカシが悠々と。なんともかっこいい流線型!無事に「ブリ」まで育ってね。

そんなわけで、今回記憶に残っているのは、イナダとワカシと降るようなアジ。

P9010514 ちなみに上を見てもこんな感じでアジが視界を覆い尽くしていました。

週末の「ありがとう」はIOPを案内してくれたKちゃんに。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ