最近のトラックバック

« ピカ×2で歓びの舞 | トップページ | 空の大群、海の大群 »

2007年8月 7日 (火)

夏といえば

朝、ベランダに置いてある洗濯機のコードで、蝉が羽化していた。

P8070326 ビックリしたのなんの。別に蝉が怖いわけではないけど、こんなに大きい昆虫がこんなに近くでじっとしてるなんて。

近寄っても全然動かない。色も形もすっかり成虫なのに、まるで自分が飛べることをまだ分かっていないように、微動だにしない。こんなところに居たら、カラスに襲われちゃうかもしれないのに…。と心配しつつも、羽化したばかりの蝉の間近でガーガーグルグルと洗濯(いまだに二槽式なのだ)。

洗濯物を干して仕事の戻り、数時間後に見てみたら、抜け殻だけが残っていた。カラスがばさばさ飛び込んできた音はしなかったから、蝉は無事に旅立っていったらしい。ほっとひと安心。

今日の「ありがとう」は、スタートダッシュがちょっとのんびりな蝉クンに。

« ピカ×2で歓びの舞 | トップページ | 空の大群、海の大群 »

コメント

蝉と抜け殻がいっしょに写ってる!
すごい写真ですね~!!
蝉はいまごろ全力で鳴いてることでしょう。

昔は抜け殻集めたりしたなあ。。。
夏の風物詩ですね。またはから揚げ(違!)

>チエちゃん&くーちゃん

全力で鳴いて、精一杯生きて欲しいです。
7日間は短い!(T.T)

 動物は言うに及ばず芋虫まで可愛がる母親の血を引いていますね。

綺麗な抜け殻ですね。
セミには敵が多いですよね。
子供もすぐ捕まえちゃうし。
つくつくぼーし(って鳴くセミ)はこれからなの
かな?まだ聞いてないような気が・・・

蝉の声が一斉に鳴いて夏、夏って感じですよね。

でも10年後に何匹孵化できるのかしら?

土だった所がコンクリートになっていたり、ビルが出来ていたりで、生まれてこれない子がいっぱいいるんでしょうね。

>ジージさん

私は芋虫を可愛がったりしませんっ。
が、もし遭遇しても、大騒ぎせず、そっとしておきます。

>ぷうちゃん

ツクツクボウシはまだですね。
この蝉はアブラゼミでした(たぶん)。
今はアブラゼミの大合唱が響き渡っていますね。

>ひでこ儘さん

そうか!
ベランダは大家さんの庭に面しているのです。
この蝉は大家さんの庭から出てきたのね。

この小さい体からすれば、約1mの高さまで、細いコードを上がってくるのは大変だったでしょうねぇ。

凄い場所で羽化しましたね~。
そしてそれを発見するsuzieさんも素敵。

昔は木にとまっている蝉の居場所や、鳥の巣を発見することなんて簡単なことだったのに…。
段々とその能力が落ちてきたような気がします。

日常に溢れている小さな幸せ。
いつまでも気付ける人でありたいです。

>mariさん

発見せざるをえない場所で羽化していたという感じです(^^;

確かに、子どもの頃は、鳥、蝉、カブトムシ、クワガタ、カミキリムシ、などを見つけて、しかも“喜んで”いました。

「一寸の虫にも五分の魂」とは、よくぞ言ったもの。5.1尺の私、少なくとも2.5尺の魂は持っていたいものです。

すんませ~ん、うっかり久しぶりにsuzieさんに会いたくなっちゃって(笑)

姐の夏、そして秋、、、みたいなもんすねぇ・・・

なんとタイムリーなっ(笑)

>姐さん

あははっ、ほんとに申し合わせたようなトピ(笑)

抜け殻になるのはまだ早いっす。1年分のエネルギー貯蓄、頑張ってください!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/7451774

この記事へのトラックバック一覧です: 夏といえば:

« ピカ×2で歓びの舞 | トップページ | 空の大群、海の大群 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ