最近のトラックバック

« 春がここに | トップページ | アイドル発掘 »

2007年3月26日 (月)

シアワセは確率

数年前のこと。編集者のK氏が「僕はお金を拾ったらたとえ100円でも必ず届ける。落とし物を自分のものにしても、その程度のことで小さい運を使ってしまうのがイヤだから。その分、大きい運をつかみたいと考えて…」と話すと、プログラマのS君が「確率とは、そういうものではない」とバッサリ。

そうだ、シアワセは「確率」でやってくる。善行や正義に相当するとは限らない。正しい人なのに幸薄い場合もあり、悪いヤツなのに幸運が転がり込むこともある。正しいのに苦難を強いられる人もいるし、悪行で利益を得るヤツもいる。

ズルしたもん勝ち、正しい人が損をする、……実際そんなことが起こる世の中だ。それでも正しくあろうとする人は、何がそうさせるのか。

たぶんそれは「品性」なのだろうと思う。品性を保つために信条や信仰があればいい。

などということをあれこれ考えていたが、どうにもまとまりがつかなくなった。もともとシアワセは主観的なものだから、相当するかどうかなんて測りようがないのですけどね。

週末の「ありがとう」は、品性あるT夫妻に。

« 春がここに | トップページ | アイドル発掘 »

コメント

うーん。あんまりそうあって欲しくないけど、確かに仕事をしていて嫌な人、ずるい人が得をする世の中だなと思うことが多々ありました。
私はできるだけ自分が正しいと思う方向に進み、その上で幸せを感じられる人になりたいな。
それにしても、K氏の考え方もどうかと思うなぁ(笑)人のお金持ってたら気持ち悪いし、普通だったら誰でも、返さないと持ち主は困ってるって思うよね~。

>うっちーさん

K氏の名誉のために補足説明(笑)
K氏が言った「拾ったお金」っていうのは、たとえばコンビニの床に落ちていた100円玉とか、その程度のお金。10円玉や100円玉って、わざわざ届ける方が少ないんじゃないかな。

幸せって人それぞれですよね。私は何回か財布を落としてますが、ほぼ手元に戻っています。人のお金を盗んでまで幸せになりたい人がそんなに多くない日本は、まだ平和なのかなと思います。

>ばななちょこみるくさん

うん。日本はまだ平和だし、まだ人を信じてもいい国だな、とも思います。

「品性」そうですね。
以前、拾った財布を交番に届けたら「相手の方に名前をお伝えしてもいいですか?」と警察官に聞かれました。
「知らせなくてもいいです」とお答えしましたが、交番から警察官を通してお礼の電話がかかってきました。

「それでも正しくあろうとすること」は、その人にとってそれが“当然”のことなんだと思います。

>mariさん

良い話ですね(^^)

お財布を交番に届けたmariさん、警察官にお礼を伝言したお財布の持ち主、その伝言をきちんと連絡した警察官、全員が誠実な人たちだったのですね。

それにしても、こんなにまとまりの無いつぶやきブログにコメントが付くとは思いませんでした。
コメントをくださった方々、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/5821223

この記事へのトラックバック一覧です: シアワセは確率:

« 春がここに | トップページ | アイドル発掘 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ