最近のトラックバック

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

記念日は冬の海で

P1273320_1P1273293 土曜日はダイバー友達Mの400本記念でした。IOPの砂地で記念撮影。透明度がいいので写真がきれいに撮れる。海はスコーンと青く、きらきら動くイワシ稚魚の群れがきれい。

P1273311 そして、久しぶりにピカチュウGETだぜ!ピカチュウを見るのは何年ぶりだろう?しかも大・小2匹。小さい方がせわしく移動しているのがかわいらしい。しかし、せっかくのピカチュウだったのに、写真がピンボケで全然まともに撮れていなかった(ToT)

P1273355 ダイビング後のランチはうどん。強風のためにカセットコンロの火がなかなか鍋にあたらず、あたたまるまでずーっとお預け状態。やっと食事にありつけたのは3時過ぎでした。食べ終わる頃には日も暮れ、ログ付けは省略してそれぞれ帰路に。

冬は寒いけど、やっぱり海がきれい。ハナタツ、イロイザリウオ、ルリハタ、キンセンイシモチ、イサキygの群れ、ゼブラガニなどにぎやか。記念ダイブは冬の海に限る、と思ったダインビングでした。

週末の「ありがとう」は400本達成のMと、Kちゃん、Bちゃん、Mちゃん、Y江に。

2007年1月25日 (木)

お土産付きお誕生会

昨日は和喫茶「紫光庵」の店主・美奈子さんの誕生日だったので、営業時間外にお店で誕生日祝いのお食事会。

P1243379 メニューは、牡蠣のホワイトソースかけとトマトソースのクスクス料理。プリプリで大きい牡蠣は、美奈子さんのお友達mariさんが送ってくださったもの。白ワインたっぷりのホワイトソースがぴったり合っていて美味でした。数年前に「おいしいお店」として連れて行かれた某中華料理店の「アワビのクリーム煮」より何倍もおいしかった(え?比較がヘン?)。クスクス料理のトマトソースも肉と野菜がたっぷりでこれまた美味。ミーちゃんは匂いだけで我慢です。

P1243403 食後のデザートは紅茶のシフォンケーキ。ミーちゃんがテーブルに手(前足)をかけておねだり。そのかわいさに、ついついケーキのかけらをあげてしまう美奈子さん。でも気をつけないと太っちゃいますよ〜。

P1243408 よい子の私たちは20時過ぎにはお開き。で、牡蠣をお土産にいただきました。大きい!長さ12〜13cmありました。さ〜て、どうやって食べようかな〜。

昨日の「ありがとう」は美奈子さん、ミーちゃん、mariさん、Hさん、Iさんに。

2007年1月21日 (日)

傷心の週末

ゲーム機というものを所持したことがなく、触ったことも1回くらいしかなかったのですが、週末に友人のDSで「脳トレーニング」に初トライしました。

結果、脳年齢「80歳」。ががが〜〜〜ん!松嶋菜々子の「52歳」なんか目じゃないくらいヒドイじゃないか!

一応、言い訳させてもらいますと、DSが私の声を全然認識してくれなかったためなのですけどね。嘘じゃありませんよ、友人Yを含めて4人が証人になってくれますっ(-"-) と、ついムキになってしまいます。トホホ。

実のところ、かなりショックが大きい。立ち直れるかしら。みなさん、私に優しくしてね。だって80歳の老人ですから。

週末の「ありがとう」は、楽しい夕食に呼んでくれたT夫妻に。

2007年1月13日 (土)

古くて新しい味

P1123341 これ、なんだかわかりますか?パンの外側の焦げ部分のような、薄焼き煎餅をさらに薄くしたような。これ、「もんじゃ」です。うすーくてパリパリ。

もんじゃというと、粉と水と具が鉄板の上でぐずぐずになっているところを小さいヘラでこするようにして取って食べる、というのがよく見る姿ですが、本来のもんじゃは上の写真のように、ぱりぱりしたものだったそうです。時代とともにいろんな食べ方が出てきて、今ではぐずぐずをへらですくうのがポピュラーですが。

P1123338 人形町のお好み焼き屋で、“お姉さん”のようなご主人が教えてくださいました。某歌舞伎役者の付き人をされていたことがあるとか。奥様は大の猫好きでチャキチャキ。店内には和の小物が並んでいて、お二人で毎月飾り付けるのだそうです。こちらは私が座った席の真横にあったケース。お正月の飾り付けです。

ここではご主人がお好み焼きももんじゃも焼いてくださいます。ちなみにもんじゃは「文字焼き」がなまったもの。ですから「もんじゃ焼き」は間違い。てな話しをしながら焼いてくれます。連れて行ってくれた知人曰く、こうした蘊蓄は「初めて店に行く人が必ず通らなければならない関門」。

ご夫婦揃って着物で応対しているので、着物の話しなどもしつつ、猫の話などもしつつ。楽しいひとときでした。

今日の「ありがとう」は、お好み焼き屋のご夫婦と、連れて行ってくれたJさんに。

2007年1月10日 (水)

現実に戻る前に

三連休を過ぎて、ようやく正月が明けた気分=現実に戻った気分です。仕事は連休前の金曜日に始まっていましたが、連休最終日に現実逃避的活動があったためなのです。

P1083297p音羽会の会員である知人のつてで、音羽屋の新年会にビジター参加してきました(肖像権の問題もあるかと思うので、小さい写真で)。一番右の白い仮面の方が尾上菊之助丈。昨年出演した「犬神家の一族」のスケキヨ仮面をかぶっての登場です。真ん中が尾上菊五郎丈、左が富士純子さん。寺島しのぶさんは舞台稽古のため少し遅れて到着。

乾杯とともにパーティーが始まると、さっそく菊之助丈の前に女性ファンの列が。なんの行列かというと、サイン・握手・ツーショットのためです。私も並ぼうとしましたが、永久に順番が回ってこないような感じ。というのも、せっかく菊之助丈に接近したファンとしては、1秒でも長く近くにいたいから、そんなにすぐに次の人に場所を譲らないわけですね。

「腕を組んで一緒に写ってください」とか「手をつないでください」とか、はやばやと積極的にせまる(?)人もいて、おいおいおい、そのうちとんでもない要求がでてくるんじゃないか?と、ちょっと心配になりながら眺めていました。結局パーティーが始まってから終わるまでの2時間。列が途切れることはありませんでした。菊之助丈、お疲れさまです。

父君の菊五郎丈にも(菊之助丈ほどではないけど)当然行列が。しかし、さすがに貫禄があり、サインや撮影のリクエストに応えつつ、ごひいきさんのテーブルに入ってお酒を飲んだり。私はまだまだ歌舞伎を浅くしか知らない身であるゆえ、菊五郎丈の列に並ぶ勇気は出ず、列の脇からデジカメで撮影。

富士純子さんは途中でカンフー服っぽい洋装に変え、髪もおろしてファンに応対。ある程度年齢のいった女優さんは、女優ライトが必須アイテムかと思っていましたが、なんのなんの、ライト不要の肌つやでした。

で、「風邪気味なので一足早く退散します」という寺島しのぶさんのもとに向かい、近頃のめざましい活躍にあやかろうと、夏用の扇子にサインをいただき、並んで写真を撮ってもらいました。

P1083336 あとはひたすら食べ、豪華景品をゲットした幸運なファンを遠目に見ながら、パーティーは終了。帰りに赤坂「塩野」の紅白まんじゅうをお土産にいただきました。塩野は大好きな和菓子屋のひとつなので、さらに音羽屋の好感度アップ↑です。

それにしても、女優と並んで写真を撮るのは無謀ですね。あとで写真を見て、激しく後悔しましたです。

連休最後の「ありがとう」は誘ってくれたM夫妻に。

2007年1月 5日 (金)

西表島報告(地上編)

西表島のダイビングで一緒になる他のお客さんはほとんどが1年前にも会った人たちだ。ダイビング・サービスのオーナーYさんも1年ぶり。そして、新スタッフの男の子は…、あれ?数年前にガイドしてくれたことのあるH君!?あまりに久しぶりだったので、感激に近いおどろきでした。

滞在はいつも同じ民宿なので、地上でも「再会」が起こる。当然、民宿のオーナー夫妻は1年ぶり。そして宿泊客の中に、1年前にもお見かけした方がいらして、「昨年もいらっしゃいましたよねー」とお互いに確認。前回はほとんど言葉を交わす機会がなかったけど、今回はいろいろとお話しができました。この方はダイバーではないけれど、「青」が大好きで、海の中の話しでも興味深げに反応してくださる。ご職業はミュージシャン。今年は是非Cカード(認定カード)を取得してくださいね、AHさん。

Pc313166P1013192ちなみに大晦日はダイビングサービスの部屋で、格闘技を見ながら時間を過ごし、新年カウントダウンではヴーヴクリコのロゼで乾杯しました。

東京に戻った翌日、早くもホームシックならぬ西表島シックになり、AHさんにいただいたCDの「さわやか荘のテーマソング」を聴く。シンプルでしっとりと流れる歌に、ちょっとうるうるしました。

地上で再会した皆様、どうもありがとう。今年1年が素晴らしい年でありますように。

2007年1月 3日 (水)

西表島報告(海編)

私は強力な晴女ですが、今回の西表島は、どうやら強力な雨女が来ていたらしい。どちらのパワーが上回るかは日によって異なり、強風&くもり、無風&くもり、強風&晴れ、無風&雨といった具合。

pc302976pc292917海の中はといえば、年末に連続でマンタに遭遇。まずはぐるぐる回転して芸を見せてくれた子供マンタ。続いて2枚のペアマンタ。

Pc292884 そしてリクエストして探してもらったハシナガウバウオ。実はとってもウバウオ好きなんです。伊豆にもウバウオは居るのですが、あまり人気がないのか「ウバウオ見つけたら教えてください」って言っておいても、教えてもらったことがほとんど無い。今回、ガイドさんが一生懸命探してハシナガウバウオを教えてくれたけど、「今まで見たことはあったけど、これがそういう名前の魚だとは知らなかった」とおっしゃっていた。つまり、まったく関心外だったようす。こんなにかわいいのに。

Pc313077 そして、高い波にもめげず、「大きくて光るもの」が出るポイントにも行きました。分かりにくいけど、イソマグロの群れです。マグロというと、ピューッと猛スピードで泳ぐイメージがありますが、これはけっこう悠々と泳いでいます。大きいもので1m強。かっこいいです。

P1013208 年が明けて元旦のダイビングは、パラパラ雨が降るものの、「盛大に新年を祝おう」ってことでイソマグロの大群を狙ってエントリ!水面はおだやかだったのに、水中はものすごい流れ(泡が真横に流れてます)。みんなで岩にへばりついてほふく前身。二度ほどドリフトで一気に移動し、またまた岩に着地してほふく前身。そんなことを繰り返して、結局イソマグロの大群には出会えず。

私にとってのラストダイビングは、ざーざー降りの雨。私以外のお客さん達はまだ数日西表島に滞在するので、無理して潜る必要も無く、どんどん気分は萎えていく。でも「ドリフトしながらマンタGETで締めくくってあげよう」というガイドさんの呼びかけに、5人ほどが一緒に潜ってくれました。

P1013250 しかーし、ドリフトのはずが流れは全くなく、ひたすら泳ぐ泳ぐ。「もうマンタはいいから小魚でも見て休もうよ」と思っていても、ガイドはひたすら進む進む。そして、特大のマダラエイ3枚に出会いました。マダラエイ3枚でマンタ1枚分ってとこですかね。それじゃマダラエイに失礼か(^^;
のんびり休んでいたマダラエイは、いきなり人間にかこまれてちょっとパニック状態でした。

「すいません!元旦はボウズでしたぁ!」とガイドさん。確かに狙ったものは見られなかったけど、イソマグロ単体、ナポレオン、カメ、サメ、マダラエイ、サザナミヤッコなどなど、色々見させてもらいました。そしてなにより、ずっとボーッとしていたい青・青・青。これが幸せです。

西表島は世界に誇れる海です。今回も、美しい海をありがとう。また命の洗濯に来ますね。

2007年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

初潜りの朝は雨でした。雨→曇→一瞬の晴れ間→曇→雨。昨年とうってかわってまったりした水中でした。
今年もよろしくお願いします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ