最近のトラックバック

« 西表島報告(地上編) | トップページ | 古くて新しい味 »

2007年1月10日 (水)

現実に戻る前に

三連休を過ぎて、ようやく正月が明けた気分=現実に戻った気分です。仕事は連休前の金曜日に始まっていましたが、連休最終日に現実逃避的活動があったためなのです。

P1083297p音羽会の会員である知人のつてで、音羽屋の新年会にビジター参加してきました(肖像権の問題もあるかと思うので、小さい写真で)。一番右の白い仮面の方が尾上菊之助丈。昨年出演した「犬神家の一族」のスケキヨ仮面をかぶっての登場です。真ん中が尾上菊五郎丈、左が富士純子さん。寺島しのぶさんは舞台稽古のため少し遅れて到着。

乾杯とともにパーティーが始まると、さっそく菊之助丈の前に女性ファンの列が。なんの行列かというと、サイン・握手・ツーショットのためです。私も並ぼうとしましたが、永久に順番が回ってこないような感じ。というのも、せっかく菊之助丈に接近したファンとしては、1秒でも長く近くにいたいから、そんなにすぐに次の人に場所を譲らないわけですね。

「腕を組んで一緒に写ってください」とか「手をつないでください」とか、はやばやと積極的にせまる(?)人もいて、おいおいおい、そのうちとんでもない要求がでてくるんじゃないか?と、ちょっと心配になりながら眺めていました。結局パーティーが始まってから終わるまでの2時間。列が途切れることはありませんでした。菊之助丈、お疲れさまです。

父君の菊五郎丈にも(菊之助丈ほどではないけど)当然行列が。しかし、さすがに貫禄があり、サインや撮影のリクエストに応えつつ、ごひいきさんのテーブルに入ってお酒を飲んだり。私はまだまだ歌舞伎を浅くしか知らない身であるゆえ、菊五郎丈の列に並ぶ勇気は出ず、列の脇からデジカメで撮影。

富士純子さんは途中でカンフー服っぽい洋装に変え、髪もおろしてファンに応対。ある程度年齢のいった女優さんは、女優ライトが必須アイテムかと思っていましたが、なんのなんの、ライト不要の肌つやでした。

で、「風邪気味なので一足早く退散します」という寺島しのぶさんのもとに向かい、近頃のめざましい活躍にあやかろうと、夏用の扇子にサインをいただき、並んで写真を撮ってもらいました。

P1083336 あとはひたすら食べ、豪華景品をゲットした幸運なファンを遠目に見ながら、パーティーは終了。帰りに赤坂「塩野」の紅白まんじゅうをお土産にいただきました。塩野は大好きな和菓子屋のひとつなので、さらに音羽屋の好感度アップ↑です。

それにしても、女優と並んで写真を撮るのは無謀ですね。あとで写真を見て、激しく後悔しましたです。

連休最後の「ありがとう」は誘ってくれたM夫妻に。

« 西表島報告(地上編) | トップページ | 古くて新しい味 »

コメント

4人ともスタアな家族。素敵~。
結局菊之助丈とはお写真を撮れなかったの?TOKIOも6時間かけてファン一人ひとりと写真撮ったり、握手する機会があった(らしい)けど、出席した友人によれば、スタッフがくっついて、
ちょっと長くなると横から『はい、次にお願いします』ときびきびと流れ作業になってたらしい。
そうじゃないときりがないもんね。

こういう機会ってファンには夢のような機会だよね~。良かったね!うっとり。

歌舞伎のことは全然わからないのですが、アイドル並の人気なんですね。でも、ファンを大事にしてるのがよくわかります。
華々しい場所へ行けてよかったですね。まさに、「春から縁起がいい!」ですね。
ぜひ、寺島しのぶさんとのツーショット、見せてくださ~い。

私もあの親子は好きです。
と言っても歌舞伎は全くわからないですけど。
母と娘で共演する愛の流刑地でしたっけ?
ちょっと楽しみだったりします。

>うっちーさん

菊之助丈は一緒に写真を撮るより、近くで写真を撮りたかったのです。が、いつカメラを向けてもほかのファンが隣に居て……。
でも、やっぱり舞台上の菊之助丈が断然素敵です。日曜日は国立劇場なのだ。楽しみだわ〜。

>弘子さん

確かに「こいつぁ春から縁起がいいや」ですね。華やかな場所に行くと、気分も華やかになります。加賀友禅の訪問着と辻が花の袋帯も、2年ぶりの出番となりました。

>ぷうちゃん

「愛の流刑地」と、確かもう一つ何かの映画で共演してます。
私はまだ寺島しのぶさんが出ている映画は一つも見ていないうえに、テレビで見る彼女の顔はどうも好きになれない。でも、昨年見た芝居はすごく良かったし、今回近くで見たらとてもかわいらしい印象の人でした。

私も歌舞伎のことは分からないのですが、
塩野と訪問着に反応してしまいました。
赤坂は塩野も青野もいい和菓子屋です~。

母娘のインタビューで、「相手にあって自分にないもの」だったか「うらやましいもの」だったかという質問にお母様は「スタイル」、娘様は「女の幸せ」とお答えになってました。

三連休の締めくくりは、夢見心地のような素敵な時間を過ごされたのですね。

以前、大ファンの方を目の前にし(サインを頂き、写真も一緒に撮って頂きましたが)一言も会話が出来なかった過去があります。
大好きな方を目の前にすると舞い上がってしまいますよね~。

富士純子さんの雰囲気、好きです。

>美奈子さん

美奈子さんも塩野お好きでしたか。しっかり甘いけど上品ですよね。

>「スタイル」
でも、純子母様も細いですよ。顔小さいし。並ぶと菊五郎さんの顔が2倍くらい大きく見えちゃいます。

>mariさん

富士純子さん、常に背中をまっすぐ、胸を張っていました。その立ち姿が輝かしい感じでした。
たぶん音羽屋一家の中で一番姿勢が良かったかも。
見習いたいと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/4874403

この記事へのトラックバック一覧です: 現実に戻る前に:

« 西表島報告(地上編) | トップページ | 古くて新しい味 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ