最近のトラックバック

« まんまるお月さん | トップページ | おめでとうとありがとう »

2006年11月10日 (金)

アサリを巡る葛藤

Asari アサリを買ってきたのでさっそく砂抜き。


料理で出てくるアサリの貝の模様はみんな焦げ茶っぽい色ですが、生きている時のアサリは、はっきりした黒と白だったり、ほんのり青っぽかったり、オレンジに近い茶色だったり、けっこう色とりどりです。模様も織物みたいなものから高等線のようなものまでさまざま。


眺めているとけっこう楽しい。


でもあんまり長く見ていると愛着が沸いてしまうので、観察はほどほどに切り上げます。以前、長いことじっと見ていたら、水を吹く姿が面白くて、飼いたくなってしまったことがありました。


むろん、今回も飼わずにおいしくいただきました。お味噌汁の中のアサリは、やっぱり全部焦げ茶色の模様になっていました。


ところで、私は味噌汁(あるいはお吸い物)のアサリやシジミの身も全部食べてしまうのですが、食事作法としてはこれはどうなのでしょう。栄養分は汁に溶け出しているので、「だしがら」状態になった貝の身を食べるのは“卑しい”ということになるのかも…?


小さくてうすっぺらい身だったら残せるのですが、ぷっくりふくよかな身だと、食べずに残すには罪悪感が。


自宅以外でアサリやシジミの味噌汁やお吸い物が出ると、非常に悩んでしまいます。

« まんまるお月さん | トップページ | おめでとうとありがとう »

コメント

私も身まで食べる派ですよ。
ただ、しじみの場合は外では食べないことが
ほとんどです。小さすぎて食べづらいですし。
数年前にパラオでアサリを撮って食べました。
全部、青緑色だったのですが、味は日本産(?)
と変わらなかったです。
アサリの水吹き、楽しいですよね。
アサリが大量だと大変なことになりますが・・・

私は何回やっても(ちゃんと濃度測ってるのに)全然アサリちゃんは水吹いてくれません。
ちゃんと暗いところに置いてありますよ。どうしてなんだろう。もう砂がないのか?いやいや呼吸はするだろう・・。おかしいです。

実家では母は、出汁ガラだから食べないで~とよく父に言っていました。私は食べたいです(笑)旦那さんも食べますねー。明日アサリ買って来ようかな。あぁ、砂抜きできないんだった・・。

 ↑
私もアサリで葛藤していました

>ぷぅちゃん


けっこう勢いよく水を飛ばすから、台所がびしょびしょになっちゃいますよね。

青緑色のパラオのアサリ、火を通したあとの色はどうでした?

>うっちーさん


塩分濃度が合ってるのに、なんででしょう?ちなみに写真のアサリは明るいところでも勢いよく水を吹き出していました。


やっぱり「だしがら」なんですよね〜。葛藤は続く。

うちの家族は食べてましたが、あるとき、
残している人を見て、えらくびっくりした
記憶がよみがえりました。
そうか、出汁がらなのかー・・・
チマチマ食べるのはおうちだけにしたほうが
いいのですかね。
みなさんも悩んでいらしてある意味ホッと
しました。。

私は身まで食べますよ~。それも昔から葛藤なし。
皆さんのお声をお聞きしていると不安になってきました。
どうなんでしょう、これは…。

でも以前テレビで、シジミは身にも栄養があるので食べてくださいと言っていたのを見たことがあります。

ちなみにうちの母。
血液検査で肝臓の数値が少々気になっていた時期がありまして。
血液検査の1週間前からアサリやらシジミやら貝類を毎日食べてもらいました。
そうしたら、検査結果はバッチリOK!
お医者様から「よくなりましたね~」とお褒め?の言葉を頂きました。
肝臓に効くとは聞いていましたが、本当にいいようですね。

>つーみーさん


そうなんですよ。お店などでは残しているひとがけっこう居るんですよね。しかも、お店の人は当然のようにそれをさげていく。


残すのが一般的なのかなぁ?でも残すのはもったいないので、外(店)ではなるべく貝の味噌汁(お吸い物)はオーダーしないようにします。

>mariさん


「食べなくてもいい」(つまり食べてもかまわない)のなら、胸を張って(?)外でも食べるのですが、「食べるたら行儀が悪い」のかどうか…。
食べられるものを最後まで大事にいただくのだから、マナー違反ではないと思いたいですよね。


シジミが肝臓に良いのは本当なのですね。飲み過ぎた翌朝はシジミの味噌汁!
ちなみに柿も飲み過ぎに効くそうです。あ、話しがずれてしまいました(^^;

私も葛藤なく食べてた~

>美奈子さん


私も葛藤が始まったのは最近のことなのです。
ここにコメントくださる方々は「食べる」派が多いので嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/4134041

この記事へのトラックバック一覧です: アサリを巡る葛藤:

« まんまるお月さん | トップページ | おめでとうとありがとう »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ