最近のトラックバック

« ベスト・アングル | トップページ | ああ、寺子屋 »

2006年9月 4日 (月)

あなたが来た村

イギリスで教えてもらった寓話(オリジナルがイギリスかどうかは不明)

旅人が、ある村の入り口にやってきました。そこに座っていた老人に「私はこれからこの村に行こうと思います。この村はどんな村ですか?」と尋ねると、老人が「あなたはどんな村から来たのかね?」と聞くので、「嘘つきで意地悪な人ばかりの村です」と答えました。すると老人は「この村も同じだよ」と言いました。

別の旅人が村の入り口にやってきて、老人に「私はこれからこの村に行こうと思います。この村はどんな村ですか?」と尋ねました。老人が「あなたはどんな村から来たのかね?」と聞くと、旅人は「正直者で親切な人ばかりの村です」と答えました。すると老人は「この村も同じだよ」と言いました。

さて、今でこそ近所の紅茶&ハーブティー専門店でリラックスしたり、和喫茶で猫と遊んだり、ちょっと奮発して寿司屋のランチに食べにいったり、春には少し足を伸ばして桜並木の遊歩道を歩いたりしていますが、6年前に引っ越してきたときは、ここがとても嫌いでした。

ここに来る前に住んでいたのは下北沢。交通の便も良く、商店街も活気があって、さらに三軒茶屋の充実した商店街にも近くて、たいへん気に入っていました。が、当時働いていた会社が倒産。派遣で食いつなぎながら多数の会社に面接に行き、やっとこありついた仕事の関係上、下北沢を離れなくてはならなくなった。

それで来たのが今の町。そんなわけで、気分はもう「都落ち」。一応商店街はあるのですが、下北沢や三軒茶屋と比べるとそりゃもうショボいことショボいこと。

住居の2度目の更新手続きをしたころ(つまり丸4年経過するころ)にやっとあきらめがついたので、近所を少し探索しようと、細かい道を歩き回ったり、駅前通りをずーっと辿っていったりしたら、小さい発見がいろいろあって、少しずつ面白くなりました。

今ではけっこう気に入っています、この町。宝くじが当たったら、このあたりのマンションを買おうかな。しかしその前に、宝くじを買わなければ(笑)。買わなきゃ当たらないもんね。

今日の「ありがとう」は得意先のKさんに。

« ベスト・アングル | トップページ | ああ、寺子屋 »

コメント

 失業と気に入らない町への引越し。スージーさん一人でよく頑張ったね。「住めば都」と言う言葉があるが、自分の中で「都」になるまでは時間がかかるものです。山口も同じですが、こちらは一人でなかったのでちょっと楽でした。スージーさん時々自分に褒美を上げなさい。

この15年で、6回の引越しをしてきましたが、「住めば都」を実感しています。駅から遠い、近くにお店がない、前の道路の騒音、知人が一人もいない、なによりいろんな意味での不安などなど・・・あげればきりがないほどの不満。
でも、住んで生活をしていると、好きな場所やお店、知り合いなどもできて、今思えばどこも楽しく思い出深い場所になっているな。(幸いなことに、ご近所とのトラブルや大きな問題もなく暮らしてこれました。)
これだけ引越しをしていると、もうカンベンして~!という気持ちと何年かたつとまた別の所へ行ってみたくなったり・・・適応能力が養われたのかも。

>ジージーさん

ありがとうございます。最近、ちょっと自分に褒美をあげすぎたので、1.5kgほど増量してしまいました(苦笑)

山口もこちらも、回り道をして都にたどり着いたという感じですね。
でも、工房のリニューアルは見事でしたよ。まるで「一夜城」のような驚きでした。

>弘子さん

15年で6回はすごいですね。平均して1カ所に2年半しかいなかったということですものね。めまぐるしい15年間でしたね。

どこでも楽しい想い出を作れたのは、きっと弘子さん自身に、いろんな人を受け入れる心の広さがあるからですよ。
今住んでいる所でも、楽しい想い出がどんどん増えていっているみたいですね。

『住めば都』か・・。私は自分が今、住んでいるところに全く愛着が持てません。色んな発見をして好きになろうとぶらぶら散歩なんぞしてみても気に入るものは何も見つからず、がっかり。ここは自分の場所じゃないという意識だけが強くなってしまいました。
でもそうかぁ・・住んでまだ1年とちょっとだからかな。

suzieさんの下北のアパートは私もよくお邪魔しました。ちょっと前までいつもsuzieさんを思い出すのはあのアパートだったのですが、最近は桜新町になってきました。
桜新町は下北よりも落ち着いた、素敵な町ですね。私はとっても羨ましいです。

うっちゃんさんはふるさとの金沢がとても素敵だから、つい比べてしまうのでは。
でも、金沢も離れてみて改めて良さが分かったでしょう?

案外、長い間離れてみると、愛着が沸くかも知れません。

そうですね、住めば都とはいうけれど、我慢ができないくらい
だったら引っ越してしまうのもいいんじゃないかな、と両方の
気持ちがわかります。
この町の前に一年くらい住んだところは治安が悪くて
人もせちがらくて緑も少なくて、それでも好きになろうと
市民講座を受けたりしましたが、やっぱりだめだったと思い出し
ます。

>つーみーさん

治安が悪くて人もせちがらいというのは大きなマイナス要素ですね。
1年で離れられて良かった、けど、2年以上住んでいたら、もしかしたら、楽しい友達ができたり、その土地の良い面を見つけたりしたのかな。
「住みたい町に住む」のはけっこう難しいですね。住みたい町だったけど、住んでみたらたいしたことなかった、なんてこともあるかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/3316686

この記事へのトラックバック一覧です: あなたが来た村:

« ベスト・アングル | トップページ | ああ、寺子屋 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ