最近のトラックバック

« あなたが来た村 | トップページ | 観劇も体力 »

2006年9月10日 (日)

ああ、寺子屋

残暑厳しいですが、暦の上では秋です。秋といえば、芸術の秋。というわけで、今月から観劇予定がけっこう入っています。

秋の観劇ひとつめは先週日曜日の「秀山祭九月大歌舞伎」の昼の部。お目当ては「
鬼平犯科帳」で人気の中村吉右衛門。

しかしその前に、染五郎を拝見。実は染五郎を歌舞伎の舞台で見るのは初めて。ドラマではチラッと見ただけ(なんとも頼りない雰囲気の人だ)。踊りでは「歌舞いて踊れ」で見るていどだった。とある人のブログに「踊り、特に静止しているときが美しい」と書いてあったので、是非見てみたいと思っていたのだ。

本当に、実に美しかったです。「
文屋」という演目で、色好みの文屋康秀が官女たちと戯れ踊るものなので、まぁ、簡単にいえばバカ殿の放蕩ですね。それなのに、美しい(笑)まるでサーカスのクラウン。こっけいでふらふらしてるけど、実は最高の技術(バランス)がないとできない動作。そんな感じです。染さん、これから注目してみよう。

さて、お目当ての吉右衛門。「寺子屋」で実兄・幸四郎と共演。吉右衛門は武部源蔵、幸四郎が松王丸の役。もう幸四郎に泣きました。というか、松王丸に泣きました。決して吉右衛門が劣っていたわけではなく、役柄が、松王丸の方が良いのです。

それまで寺子屋は2度ほど観たことがあり、わりと好きな役者が松王丸役だったこともあって、「寺子屋=感動」としてインプットされていた。松王丸が出ていない些末な部分はすっかり記憶の引き出しから除去されていたのです。

しかし、今回、お目当ての吉右衛門が源蔵を演じていたので、源蔵に注目してみていたら、けっこうヒドイ話ではありませんか!

「お前、かつての主君の嫡男をかくまっているだろう。首取ってこい」と言われ、思い悩み自宅(寺子屋)に帰る源蔵。ちょうど主君嫡男と年格好の似た気品ある少年が入門したことを知り、にんまりとする。「これは身代わりにちょうどいいではないか」と。

もう露骨なまでにニンマリするんですな、源蔵が。最終的には、苦悩しながらも忠義を通した立派なヤツってキャラクターなんですけど。あまりに理不尽な話じゃぁありませんか?

しかし、吉右衛門に落胆したわけではありません(だって悪いのは吉右衛門じゃなくて源蔵だもの)。吉右衛門が源蔵を演じたから、3度目にしてやっと寺子屋の細部に気を配ることができたわけで、私としては「ニンマリ」する源蔵がラストで感動を呼べるかどうかが今後の寺子屋の課題。

芝居は何度も観ないと分からない、でも見るたびに発見、です。これからさらに歌舞伎を見る楽しみが増えました。

今回の「ありがとう」は一緒に見に行ってくれたTちゃんに。

« あなたが来た村 | トップページ | 観劇も体力 »

コメント

タイトルの上のフレーム?にてんとう虫がとことこきたとき、自分のモニターにてんとう虫がきたのかと思いました・・・
本文と関係ないコメントですみません・・・

>ばななちょこみるくさん

はい、本文とは関係ないコメントですが(笑)、書き込みありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/3393001

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、寺子屋:

« あなたが来た村 | トップページ | 観劇も体力 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ