最近のトラックバック

« 今年は休憩? | トップページ | ベスト・アングル »

2006年8月27日 (日)

花火見物への道

P8262133 土曜日(26日)は沼津の花火大会「サンセット・ページェント」でした。沼津市内のマンションの屋上からのんびり見物。打ち上げ会場からマンションのあいだに高い建物がないので、けっこう良いロケーションで見ることができます。

打ち上げ花火は常に新しいタイプのものが出てきますが、好きな花火は、オーソドックスな菊形やしだれ柳。あまりアレコレと仕掛けをしていないものが、夏の涼を呼ぶ気がする(個人的好みの問題)。でも、最後の盛り上がりはやっぱりお約束のスターマインがいいかな。

さて、花火を見上げていたこのマンションの1階には、ダイビングのあとにたまに寄る寿司屋が入っている。

5年ほど前から毎年(うち1回は中止)、サンセット・ページェントの日(8月最終土曜日)には、この寿司屋で夕食をとり、屋上に上がって花火を見物する。

この寿司屋は手ごろな値段でたっぷり料理を出してくれる。メインのにぎり寿司に行く前の「つまみ」が豊富だ。納豆と山芋など“ネバネバ食材”に卵黄を混ぜたもの、ホタテ・甘エビ・タイなどが入った魚貝サラダやシラウオの唐揚げ、また、イワシのつみれ汁、サンマの塩焼きなどが出ることもある。鶏の唐揚げ、ホタルイカの餃子(え?)、フカヒレ入りカレー(は?)なんてのも登場した。幸いなことに、私はフカヒレ入りカレーの時は不在だった。

ホタルイカの餃子は、正直言っておいしくなかった。フカヒレ入りカレーは「カレーにする意味があるのか?」(by参加者)だったらしい。

まぁ、安く食べさせてもらえる分、実験台にもなるということですね。手打ちパスタ(パスタのみでソース無し)を食べさせられたこともあります。

さらに「代償」として、大将とそのお父さんのおしゃべりのおつきあいをしなければなりません(苦笑)。

寿司を食べながら味覚検証と忍耐力養成、そして花火見物。開始数時間前から炎天下で場所取りをする都内の花火大会と比べれば、まだまだ沼津は平穏である。

週末の「ありがとう」は、月例ダイビングに参加してくれた仲間達に。

« 今年は休憩? | トップページ | ベスト・アングル »

コメント

団体行動にはメリットもデメリットもありますね。

沼津のおすし屋さん、昔行ったことがあります。
すごくおいしかった。海が近いとおすしって違うんですね。
わたしは大将とおしゃべり、そんなシチュエーション
になったことがないので、めちゃめちゃ緊張しそう。。

つーみーさんが行かれたのは沼津漁港内のお寿司屋さんかしら?何軒かありますが、けっこうネタが大きくて食べ応えありますよね。

大将“と”おしゃべりではなく、大将“の”おしゃべりです。もっぱら聞き手に回り、適当に相づちを打ちつつ、適度に聞き流します。一生懸命聞いてあげると、しゃべる方もノってしまって、なかなか寿司を握ってくれなくなるので注意が必要。

そ、そうですか、、大将、語りたいんですね、、、
それは、お客なのに、気を遣いますね~。

花火はきっときれいだったはず。
昔山梨の湖であったライブに行った帰りに、
寄っただけだけど、、、そうそう、お寿司やさんは、
港の中ではなかったです。町の中心にあって、
役場の人に、このあたりでのお勧めのお店を
聞いたのでした。行列してました。
ネタが大きくてびっくりしたのを思い出しました。

>つーみーさん

街中でしたか。
ネタが大きいとついつい喜んでしまいますよね。で、気が付くと腹十二分目くらい食べてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/3226269

この記事へのトラックバック一覧です: 花火見物への道:

« 今年は休憩? | トップページ | ベスト・アングル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ