最近のトラックバック

« 舞台と観客のあいだには… | トップページ | のんびりゆったり »

2006年8月 2日 (水)

経験の責任

ようやく梅雨が明けたらもう8月になってしまっていました。あと2週間もしないうちにお盆休みです。

今月は毎週末ダイビングに行く予定。おそらく山口県の見島で600本を迎えます。「600本」というと、まぁそれなりに長く/多く潜っている人として見られます。

ダイビングはあくまで楽しむためのもの、日々生活する上での心の支えなので、面倒なことは背負わない。とりあえず「自分のことは自分でできるように」を心がけて、頭をからっぽにして漂う。面白そうなもの(生物・風景)はガイドに見つけてもらう。

そんな風にしてのんべんだらりと潜り続けてきました。おかげさまで、ダイビングに行くと、ほぼストレス・フリーで1日を過ごせます。

しかし最近、これではいけないのではないか?と思うようになってきました。ある程度経験のある者は、経験があるという「責任」が生まれる(期待される)ような
気がする。

これはダイビングに限らずです。例えば、海外旅行をするグループの中に、「私、600回くらい海外旅行しています」という人がいたとします。当然、海外旅行初心者は「それは頼りになるわ」と思うわけです。ところが、旅先で、ちょっとしたハプニングに遭遇し、どうしたらいいのかしら?というときに、この600回経験者が「さぁ〜。いつも添乗員に任せていたからわかりませ〜ん」などと言ったらどうでしょう。「あれだけ自慢げに(注:決して自慢げではなく事実を述べただけ)話していたくせに、『わかりませ〜ん』だとぉー?」ということになりかねないのである。

そんなわけで、これから潜るときは、もう少し全体に気を配るようにしようかな…と。地形をもっとしっかり覚えるとか…。あー自信がない。601本目から頑張ってみます。

Suite_1 やっと水温が上がってきたので、6.5mmウェットはしばらくお休み。見事に裂けました。修理せねば。

今日の「ありがとう」は紅茶&ハーブティショップの店員さんに。

« 舞台と観客のあいだには… | トップページ | のんびりゆったり »

コメント

 「そんな風にのんべんだらりと潜りつづけて」いいですよ。だってそのために平日仕事を頑張って居るのだから。趣味ぐらい人のことなど考えずに楽しまなければ。人生は気楽に楽しく行こう。

>ジージーさん

そう言ってくれてありがとう。
でも、自分で水中を楽しみつつ、他人のことまで気を配っている人を見ると、「かっこいいなぁ、ああいう人になりたいなぁ」って思ってしまうのです。
目標は高く!! しかし、達成するまでの道のりは長い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/2903472

この記事へのトラックバック一覧です: 経験の責任:

« 舞台と観客のあいだには… | トップページ | のんびりゆったり »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ