最近のトラックバック

« のんびりゆったり | トップページ | 招き猫 »

2006年8月 7日 (月)

食は出逢いだ

日曜日の昼ごろ、翌朝のためのパンを買いに出かけた。家から歩いて12分ほどで大きい通りにぶつかる。右に3分歩くとパン屋。左に3分歩くと、寿司屋がある。

この寿司屋は、夜はかなりお高いが、昼は(安くはないが)手が届くお値段で内容充実。

お腹空いたし、この暑さで帰ってから食事の支度する気はすっかり失せたし、奮発して寿司ランチにしよう!と寿司屋に。

当然、一番「お手頃」なメニューを注文。と、隣りの「フルコース・ランチ」を頼んだ客に、「四万十川の天然鮎の塩焼き」が出された。

四万十川の天然鮎……どんな味なんだろう?天然鮎って食べたことあったっけ?いつもあるってわけではないだろうなぁ。聞いてみると、やはり今日は「たまたま」手に入ったのでランチに出したとのこと。

「フルコースにすれば良かった」とつぶやくと「お焼きしましょうか?」と。

こういうところで値段を聞くのは野暮ですよね(冷や汗)。フルコース・ランチが○○○○円だからそれより高いってことはないだろう。財布の中にはそれ以上のお金が入っている。値段を聞かずに焼いてもらうことにする。

思ったより時間がかかり、やっとこ目の前に形の良い鮎が登場。なんだかドキドキだ。鮎の背中をトントントンと押して、骨を一気に…抜こうと思ったらプツッと切れた。あああ!大失敗!!!焦る私を見かねて板さんが「やりましょうか?」と骨をきれいに抜いてくれた。

魚(を食べること)には自信があったのだが、さすがに緊張しすぎたか(と、言い訳)。あこがれの大スターを目の前にした一ファンの心境だ。

「天然の鮎はきれいな苔をたべているから香りがいい」という話を聞いたことがある。一応クンクンと匂いを嗅いでみるが、何も香りはしない。ぱくっと口に含むと、ほの甘いようなみずみずしい「薫り」が感じられる。

味は、かすかに甘みがあり、海の白身魚とは違ううま味がありながら、ほろっと溶けるように軽やか。

これはもう「初めて」の味。「おいしい」と言葉に出るまでに数分かかりました。

結局、このときの「四万十川の天然鮎の塩焼き」は1500円で焼いてもらいました。安い!!!!

最初に注文したランチ○○○○円プラス1500円は、ひとりで食べる昼食としては非常に贅沢、言い換えれば“無意味に贅沢”ですが、ここでこんなに美味しい天然鮎を食べられたことは嬉しい出逢いです。

食は出逢いだ!とつくづく思いました。

そして、私の後から来た家族連れ(2家族)も同様に天然鮎の塩焼きを注文。小学校低学年の子どもが3人。私がこの歳になって初めて出逢った味を、君たちはそんなに若くして知ってしまうのね(涙)

今回の「ありがとう」は、もちろんお寿司屋さんに。

« のんびりゆったり | トップページ | 招き猫 »

コメント

天然鮎って貴重ですね。
昔母親の親戚が、揖斐川上流で、やなを営んで
いて、そこは鮎のコース料理が出てきました。
中でも鮎雑炊が大好きだったなあ。
あと、郡上八幡に行ったときも食べました。

お値段聞けないから、スリリングでしたね!
たまにはお昼においしいもの、いいですね~!
大人の休日の過ごし方って気がする、suzieさん
のブログ見てると。

>つーみーさん

揖斐川上流のやな場の鮎料理、おいしそうですね。想像しただけで、鮎の「薫り」が蘇ります。

>大人の休日の過ごし方

もう、そうとう「いい大人」なもので(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/2973629

この記事へのトラックバック一覧です: 食は出逢いだ:

« のんびりゆったり | トップページ | 招き猫 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ