最近のトラックバック

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

舞台と観客のあいだには…

7月大歌舞伎は、玉三郎監修/演出の泉鏡花4作。そのうち2作(「山吹」「天守物語」)を夜の部で鑑賞。

いろんな方々がブログに感想を書かれていますが、いろんな意味で難解でした。

まず「山吹」は原作からして一筋縄ではいかない。美と醜、現と幻が交差して、ちょっと倒錯した雰囲気の退廃的なストーリー。小説としては読めるけれども、歌舞伎役者が演じるにはどうかと思う。

主役3人を演じるいずれの役者も、いまひとつ、とまどいがあるようなぎこちなさを感じた。というか、見ていてどうにも居心地の悪い恥ずかしさというか気まずさというか、そんなものがつきまとった。

しかし、いろんな方がブログで載せている感想を読ませていただくと、妙な違和感を生み出していたのは、役者の演技ではなく、観客の反応だったかもしれない。

というのも、「なぜここで?」というところで笑いが起こるのです。これ、かなり多くのブログで「なぜ笑いが?」と書かれています。

「なぜ?」と問う人が多いということは、笑いが起こるのはヘンだということ。しかし、複数の上演日で笑いが起こったということは、笑いが起きて当然だったということか?

確かに笑いを誘うようなセリフもあるのです。あるのですが、「笑うところじゃないでしょ」というところで笑いが漏れるのです。

例えば縫子が感情を高ぶらせて番傘(蛇の目傘?)をびりびりと破くシーンとか。最後に島津が現実の世界に踏みとどまるために「いや、仕事がある」と言うシーンとか。決して笑う場面ではないと思うのですが。

次の「天守物語」も同様に、「どうして?」と思うところで笑いが…。

富姫が図書之助の話を聞いて「なんと涼しい」と言うと、クスクスクス。富姫が獅子頭に向かって「あの方を私にください」と言うと、クスクスクス。

いや、あの、そこはせつないシーンであって、笑うシーンではないはず…。

しまいには、桃六が獅子頭の眼を掘り、富姫と図書之助の目が見えるようにする場面でも笑いが!私にはこの笑いが一番難解だったかも。

非常に残念だけど、今回の歌舞伎は、玉三郎さんの意図が観客には伝わらなかった気がする。「つまらない」とか「嫌い」とか、人それぞれ受け止め方が違うのは別に問題ではないのです。

ただ、今回多くの(あるいは一部の?)観客が期待していたのは、ステレオタイプの玉三郎in歌舞伎。たとえて言うなら、表参道のオリエンタルバザー=外国人観光客向けのジャパニーズ・カルチャー。(笑った観客が外国人だったということではありません)

おそらく芝居が始まる前から、♪舞台と観客のあいだには、深くて暗い河♪があったのです。

玉三郎さんも泉鏡花も好きなだけに、ちょっと残念な観劇となりました。

補足:それでも玉さまの富姫は妖しく麗しゅうございました。まったく体の芯が揺らぐことなくすっと座り、すっと立つ姿は、ますます人外の者の雰囲気を醸し出し、海老蔵と並んで光り指す方向を見上げるところは、劇場中で溜息がきこえるほどでした。

今日の「ありがとう」はチケットを確保してくれたK子さんに。

2006年7月29日 (土)

太郎くん

かつお節削り器「太郎」です。

P7291751 かつお節を使ってみたくなった。子どもの頃、実家で“いっとき”かつお節を削って使っていた。削りたてのけずり節はそのまま食べても美味しいくらいだった。しかし、いちいち削るのがやはり手間だったのか、それともコスト・パフォーマンスがあまり良くなかったのか、“いっとき”で終わった。

かつお節削り器は、木製の箱で、カンナの刃のようなものが上部に付いていて、かなりしっかりした造りだ。まともなものは1万〜2万円以上する。でも、そんな立派なものを購入するほど料理に凝っているわけではないし、保管しておくスペースもない。もっと安っぽいものがないかな、と探していたら、ありました。上部がステンレス製、枠はプラスチック製で900円(税抜き)です。安い!!

さっそくかつお節を削っておだしを取ってみました。
スーパーで買った「けずり節」を使うよりもとても味が濃く、何よりうつくしい!だしが琥珀色ですよ!

第一回料理はシンプルにみそ汁。実もシンプルに豆腐とわかめ、吸い口に小口ネギ。

味が濃いので味噌は通常より少なくした方がよかったかも。というか、だしを取る時点で、かつお節は少なめでOKです。

それでも、これが家族3人分、4人分となると、いちいちシャカシャカ削るのはかなり手間ですな。実家で“いっとき”だったのもうなずける。

ひとりものの贅沢ってことですかね(笑)

今日の「ありがとう」は、かつお節削りの記憶を作ってくれた親に。

2006年7月27日 (木)

もはや、愛情も限界か…

なにかというと、愛機、Macである。

今使っているのは、「Cube」。そう!分かる人なら分かる。発売後、わずか数カ月で製造停止になった不運の製品。
P7271749
このルックスもさることながら、「頑張ってる」感じがかわいくて、6年以上使い続けています。
Jaguarにアップデートした際、いっとき「昏睡状態」に陥り、やっぱり買い換えかなと思ったものの、みごとに復活。以来、PowerBook G4に負けないくらい働いてくれました。

が、最近は、遅い!!!!
激しく仕事に支障をきたすほど遅くなってしまいました。早朝、時間に追われる仕事をしている身には、あまりに遅すぎる。
やはり買い換えですかね。
「当たり前だろ!」って声が聞こえてきそうですが

でもねー、これでもPowerBook G4(これまた「まだ使ってるんかい!」ってぇしろものですが)より良い働きするんですよ。CPU速度450MHzで!あまりに「けなげ」で、買い換え=廃棄にするには胸が痛む。

年が明けてから毎日こうして葛藤です。今が愛情の切れ目か?もう少し耐えてみるか?次回はWindowsか?Linuxに挑戦か?

しかしこうして写真に撮ると、かわいい。
もう少し、葛藤を続けてみることにしよう。

今日の「ありがとう」は、コーヒーとリーフパイをくれたRさんに。

2006年7月22日 (土)

海はひとつ

昨週滞在した伊豆の安良里はトビエイで有名。でも残念ながら会えなかった。
そして今日、伊豆の井田に潜りに言ったら、なんとトビエイ(チビ)が!

ヒラタエイを見たあとに、ぼーっと泳いでいたら、エイがぴゅーっと。
「え?さっきのヒラタエイ?それにしてはスマートな泳ぎっぷり」と追ってみたらトビエイでした。

たぶん、安良里で会えなかった私のために、今日出現してくれたのです。きっとそうに違いない(と思いこむ)だって海はひとつなのだから(今回は画像無し。これは以前安良里で目撃したトビエイ)。 P7011410


かつて、初めて沖縄に潜りに言ったときに、同行した伊豆のガイドダイバーが「どうしてなんだろう?海はひとつなのに…」と言った。

「海はひとつなのに、こんなにも違う」と思うことがよくある。でも「こんなにも違うけど、海はひとつ」と思うこともある。

深層大海流は、約2000年をかけて地球を一周するらしい。

海は、ヒトがまったくかなわないスパンで活動する。だから、海は場所によって全然違う、そして、どこであっても海はひとつ。

今日の「ありがとう」は、井田DCのみなさんに。

2006年7月18日 (火)

笑ってごめん

3連休は日頃のあれやこれやをリセットするべく、海へ。

晴れ女の名にかけて、晴らしてきました。が、何度も書いているように、海の中は範疇外なので、かなりにごっていました。

それでも海の中のサカナたちは元気にバトルを繰り広げていました。まずはオハグロベラの威嚇(分かりやすいようにちょっとコントラストを強めています)。これが笑える。
Ohaguro お互いハスに構えて口を開け、ガンを飛ばしてしばらく牽制しあう。そして一気に飛びかかり、一瞬で離れて再び距離をおいて牽制。
このガンを飛ばしているときの表情は、変声期前のつっぱり中坊が甲高い声で「おらおらおら〜〜〜」と言いながら、必死で虚勢張っている姿に似ています(動画はこちら)。

しかし、笑えるけれども本人達は真剣!弱肉強食の世界です。
2枚目はアナハゼの捕食。食べられてるのはなんでしょう?この様子からすると、自分の頭より大きい魚をぱっくり。

最後はイソカサゴのけんか。食べるのではありません。噛みついているのです。何度も噛みついては離れ、睨みあっては噛みつき、を繰り返していました。ああ、ごめんなさい。真剣だと分かっているのに、笑えてしまう。

ObianahazeKasago






うねり有り・濁り有り、さらに冷たい海だったけど、存分に楽しめました。連休中の「ありがとう」は安良里DCの方々に。

2006年7月12日 (水)

キーワードはどれだ

前回、北朝鮮だのミサイルだのと危険ワードを連ねたので(また並べてしまったが)変なトラックバックが付くのではないかと心配したが、幸いなことに何一つトラックバックがなかった。

「テ○ドン」とか「IC○M」のキーワードがなかったためか。

キーワードといえば、ココログではGoogleのキーワード広告が表示される。記事の末尾に付く「─Ads by Google─」以下の部分ですね。記事中の特定の言葉に関連する広告が自動掲載されるのです。

で、前回記事「今そこにあるかもしれない危機」を表示してみると、護身用品専門オンラインストアの広告が並んでいました。

  • 催涙スプレー、警棒、スタンガン等 ”ホンモノ”をプロが厳選
  • スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒 などの護身用品・防犯用品販売店

なるほどねー。しかしミサイルにスタンガンや催涙スプレーではどうしようもないでしょう。

ちょっと面白くなったので、「人食いザメ」を表示すると、

  • 保険のことならお任せ下さい。 弊社は保険のプロ集団です。
  • ア○リカンファミリー生命保険の保険料見積りや資料請求が可能。
  • 自動車保険をネットで簡単に申込み。 自動車保険申込み専用サイト。

保険とは見事な売り込みですね。しかしなぜに自動車保険なのか?
そして「晴れ女」は………不思議なことにこの記事には広告が付かない。キーワードはそれなりにあると思うのだが。
例えば「伊豆」→「伊豆の旅館・温泉」、「天候」→「気象情報配信サービス」など。

このキーワード広告は固定ではないので、毎回必ず同じではないが、「晴れ女」は何度表示しても広告無し。

ちなみに同じようにダイビングネタを書いた「魚の名前」では、濃縮サメ軟骨製品の広告が出ました。「濃縮鮫軟骨にプラス四つの天然成分。 含有量と成分を比較ください」ですと。

世の中にはいろんな商売がある。

今日の「ありがとう」は、コーヒー屋の奥さんに。

2006年7月10日 (月)

今そこにあるかもしれない危機

W杯はイタリアが優勝しました。当然、早朝の試合中継を見たのではなく、今朝のニュースで確認。かつてはユベントスの大ファンだったので、イタリアが頂点に立ったのはちょこっとうれしい(「とても嬉しい」と言えるほどW杯に熱中していなかった)。

北朝鮮がミサイルを発射して、信じられないくらい強気な発言をして、それでもこうやって「すばらしい決勝戦でした」というダイジェストニュースをワクワクしながら見られるなんて、日本の平和に感謝。

しかし、悠長に感謝していていいのでしょうか。

北朝鮮に道理が通じないのは以前からだけど、今、日本の言い分を聞いてくれる国がひとつも無いように感じるのは気のせい????

本当は、とても危機感があるのだけど、気づかないふり気づかないふりしながら、今日もいつも通り仕事して、W杯総集編を見たりしてます。なるべく都合の悪いこと(かどうかは不明だが)は見たくない。こんなふうにずるずると逃げてばかりだと、誰にも話を聞いてもらえなくなりますね。個人レベルでも国レベルでも。

だからといって今日から何か行動するわけでもなく、たぶん明日からわずかにW杯の印象が薄まりつつ、いつも通り仕事をしつつ、次の1日、次の1日がめぐってくることになるでしょう。

今、そこにあるかもしれない危機が、もうちょっと向こうの方であればいいなぁと都合のいいことを考えながら。

2006年7月 4日 (火)

人食いザメ

テレビ東京の某番組によると、ここ数年、宮古島ではサメによる死傷事故が連続して起きているという。そこで、その番組では、実際に被害に遭った人のインタビューと、サメ退治をする人の取材を放送していた。

人を襲ったサメの正体は「イタチザメ」で、大きいものは全長5メートルにもおよぶ。

この「巨大」で「危険極まりない」サメに“サメハンター”はワイヤー1本で挑む。ワイヤーにひっかかり暴れるサメ、尾びれで激しく船体をたたく。「人間がこの尾びれで一撃されたらひとたまりもない」というようなナレーション。

最終的に捕らえられたサメたちは、ボートの後部につながれ、水中を引っ張られていく。港に上げられると、フカヒレなどの原料として取引されるのだそうだ。

この放送には、何かひっかかるものがある。正直言って、憤りを感じる。サメを退治する人を責めるつもりはない。実際に被害が発生している中で、退治することがとりあえず「被害を広げないようにする可能性のある」対策なのだから仕方がない。

憤りを覚えるのは、放送のしかた。番組の冒頭では、何度となく「人食いザメ」という言葉が使われた。

「人食いザメ」というサメはいません。人を主食にしているサメなどいないのです。たまたま、人間のことを普段エサにしているサカナだと思って攻撃してしまったのです。彼らは脳みそが小さいおばかさんだから。

それを「どう猛で危険な人食いザメだ!やっつけてしてしまえー!」的な放送は非常に身勝手ではなかろうか?こんな放送の仕方では、今後の事故抑止にはまったく効果がないでしょう。

一応ニュース番組なのだから、ワイドショーやエンタメではない「報道」をしてほしい。必要とされるのは、何が危険なのか、どうすれば危険を回避できるのか、なのです。

2006年7月 2日 (日)

晴れ女

私は晴れ女である。「雨」の予報でも、私が出かけた先は「晴れ」あるいは「曇り」。かなりの確率で、雨は降らない。「天候ならお任せください。晴れ女ですから」と言い切ってしまうくらい、実績がある(エッヘン)。

土曜日は、予報通り雨の降る中を伊豆・安良里に潜りに行った。見事に日焼けしそうな日射しになった。

天候には自信があるが、天気が良いからといって水中のコンディションが良いとは限らないのが海。ということで、うねりがかなり大きくなって、ボート2本潜る予定が1本に。

P7011410それでも目的のトビエイは確認できました。おまけにカミソリウオやネジリンボウもガイドの方に見せていただいて、満足な1日でした。

毎度のことながら、魚を命名した人には感服。カミソリウオ(写真・下左)は和剃刀のような形。ネジリンボウ(写真・下右)はねじったような縞模様。「ボウ」(おそらく「坊」)と付けるところに魚への愛を感じる。

今日の「ありがとう」は一緒に潜った6人とガイドしてくれたWさん・Sさんに。そして今日の「ごめんなさい」は航ちゃんに。ジュゴンには会えませんでした。(T_T)

P7011442 P7011461_1

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ