最近のトラックバック

« 夏至 | トップページ | 晴れ女 »

2006年6月29日 (木)

it brings tears to my eyes

今日、事務所に入った途端、はるか昔を思い起こす匂いがした。何の匂いだろう?と気になりながら仕事をしていて、はたと思い出した。
そうだ!リカちゃん人形だ!あのプラスチック素材の匂いです。が、リカちゃん人形が事務所にあるわけがなく(たとえあったとしても、遠くから匂うものでも無し)、実際の匂いの元は不明のまま。

さて、話はまったく変わって、最近よく利用する近所の紅茶&ハーブティー専門店でのこと。そこにはイートイン・スペースがあり、なぜか絵本が何冊もおいてある。注文したお茶セットを待っているとき、手近にあった絵本をパラパラと読んだ。

セピア一色のイラストで、文章がとても短く、数分で読み終わる程度のもの。もうすぐ終わりというところで、涙が出そうになった。絵本ごときで泣いては恥ずかしい、と思い、いったん本を閉じたのだけれど、どうしても気になって、また本を開き、うるうるしていたら、店長さんが「それ、松本大洋のマンガの中に出てきたんですよ。ちょっと感動しちゃうでしょ」と言った。

なぜこんなに短くて単純な話で泣けてしまうのでしょう。「年のせい」って答えは無しね
絵本は俳句に似てる。いろんな深い想いや考えが、短いページの中に凝縮されている。一見、シンプルな絵とことばで、いつかの感覚が呼び戻される。
そう、ちょうどリカちゃん人形の匂いのような……?

絵本のタイトルは「チョコレートをたべたさかな」です。

今日の「ありがとう」は店長さんに。

« 夏至 | トップページ | 晴れ女 »

コメント

わ~さりげなく素敵な店長さんだね。
私もその絵本読みたくなった。

マンガ好きのうっちーさんならご存じかも。
「鉄コン筋クリート」の中で触れられているらしいです。

店長さん、色白でホンワカしていてかわいい人です。私より断然若い(と思う)。

今度、うちの近所に来たときに教えてあげるね。きっとうっちーさんにも気に入ってもらえると思う。

そんな絵本(本)に出会えるってすごいですよね。先入観がなく出会えたものほど、そうゆうことありますよね。私もぜひ読んでみますね。

航太より伝言です。今度潜った時、ジュゴンの写真を撮ってきてほしいそうです。今朝、テレビにジュゴンが映っていて、「すごーい!見たいな~。そうだ今度は00ちゃんにジュゴンの写真撮ってもらおう!」。無理だよー!なんて言えず「そうだね」と言ってしまったので一応、お伝えします。でも、なまでジュゴンを見たら大感激!ですよね。

航ちゃんのためだったらジュゴンくらいなんのその。と言いたいところだけど…。
でも、いつかジュゴンに水中で会いますよ!ジュゴンに会うまで一生懸命潜り続けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/2429864

この記事へのトラックバック一覧です: it brings tears to my eyes:

« 夏至 | トップページ | 晴れ女 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ