2020年7月 5日 (日)

波、起こらず

本日は東京都知事選、投票日でした。

朝ランを終えて、7時過ぎに投票所へ。いつもならとっても空いている時間帯ですが、今朝はちょっと人が多め。

密を避けるために空いている時間帯に来ているからか(=単に時間帯をシフトしただけ)、遠出する予定がないから来ているためか(期日前投票から当日投票にシフトしただけ)、あるいは、もしかしてもしかして、いつもは投票していない人が今回こそはと来ているためか(投票する人が増えた?)。

投票率が上がることを願いながら1日を過ごしました。投票する人が増えれば、何かが変わっていくはず。すぐに変わらなくても、変わる方向に流が変わるはず。

そして20時のニュースで、いきなり現職の小池氏が当選確実との報道。

それが「投票の結果」というなら良いでしょう。「なんとなく」票を投じたとしても、「てきとう」に票を投じたとしても、それでも良しです。でもね、気になるのは、投票率の低さ。

投票権を持っていて、投票に行く時間と手段がありながら、投票に行かなかった人たち。もう東京から出て行ってほしい。

あっけなく、重大な(はずの)日が終わりました。

今日の「ありがとう」は、都知事選に関心を寄せてくれた県外の友人たちに。

そして、熊本の豪雨被害が心配です。

2020年7月 4日 (土)

文月だけど水無月

4日遅れで水無月を食べました。

Img_4829

本来は6月30日に食べるのですが、6月30日は「早くも今年の半分が終わる」というショックにより、水無月のことはすっかり忘れていました。

今日、ふと、思い立って、水無月作りに初トライ。上に乗っているのは黒豆です。

ゆで小豆を買おうと思いましたが、パウチの黒豆煮がほどよい分量だったので、こちらにしました。

上段部分の餅がうまく固まらず、ちょっと失敗でしたが、自分で食べるにはまあ合格点でしょう(自分に甘い私)。

熊本・鹿児島が大雨だそうです。まだ新型コロナウイルスも収まっていないのに、心配です。大きな被害がありませんように。

今日の「ありがとう」は、N○Kの「土曜スタジオパーク」に。自主的自粛を続ける鬱々気分の私に、嬉しいゲストでした。中学生のときから大好きな所ジョージさん(*^o^*)

2020年6月26日 (金)

Chaotic Election

東京都知事選の投票が7月5日に行われます。

告示が6月18日だったので、3週間もない中で選ばなくてはなりません。短い!つねづね短いと思っていましたが、特に今回は短いと感じます。

東京都の人口は約1400万人。ちょっとした「国」ですよ、「国」。国の首長を選ぶのに3週間未満なんて、短すぎると思いませんか!?

しかも今回はいつにも増してカオスです。都外の方にも、カオス具合を是非知っていただきたい。ということで、選挙公報(PDF)をご紹介。

れいわ新撰組の山本太郎氏とか、現職の小池百合子氏とか、元日弁連会長の宇都宮健児氏など(公報の掲載順)は常識的な選択肢ですが、なぜか「N国」としてではなく「ホリエモン新党」で出馬する立花孝志氏とか(しかもこの「ホリエモン新党」は堀江貴文氏とは無関係だそうですよ)、「コロナはただの風邪」と言い切る平塚正幸氏とか、正体不明の「スーパークレイジー君」西本誠氏とか…、幸福実現党の七海ひろこ氏がフツーに見えますよ、フツーに(←本日、撤退表明したそうです)。

Senkyokouhou_allp1

Senkyokouhou_allp2

Senkyokouhou_allp3

Senkyokouhou_allp4

Senkyokouhou_allp5

Senkyokouhou_allp6

まあ、国政が腐敗しているから都政がカオスなのもうなづけますが。(いや、うなづいていてはいけない)

都民のみなさん、投票に行きましょうね。

 

 

2020年6月24日 (水)

11年目の安堵

理研のスーパーコンピュータ「富岳」が、世界スパコンランキング1位に輝いたそうです。

おめでとう!

スパコンというと、必ず蓮舫議員の「2位じゃダメなんですか」発言が取り沙汰されます。かつて民主党政権時代の“事業仕分け”で同議員が文科省に放った質問で、たいていは蓮舫議員を批判する定番ネタになっています。

しかし私は当時、蓮舫議員の質問は“仕分ける側”として至極当然の質問じゃないかと思っていました。そして、それにしっかり回答できない文科省の体たらくに苛立ちを覚えたものです。うーん、私の見方(考え方)がおかしいのかな。

今回のスパコン1位のニュースが伝えられる中、とある方が、当時の議事録を読み返して「やはりこの件に関しては蓮舫氏が正しい」とツイートしているのを見て、そうそう、そうですよ、あーよかった、と、ほっとしました。

 

 

 

今さら他人の発言にちゃっかり便乗しているだけじゃない?と言われそうなので、当時ブログに書いた記事を探してみましたが、自分が記憶していたよりも、漠然とした感想しか書いていませんでした。もっとズバリと文科省担当者を批判していたつもりだったけど(^^;

ま、いずれにしろ、1位がとれたのは喜ばしいです。次回のランキングでは、またアメリカか中国のスパコンに抜かれると思うけど(スパコン性能は日々進化しています)。

今日の「ありがとう」は、丁寧に対応してくれたauショップの店員さんに。

 

2020年6月20日 (土)

乱高下な日

毎年この時期に実行しているハーフラン。今年も無事に21km走りました。

この数カ月の引きこもり生活で、かなり気力&筋力が落ちてしまっていたため、走りきれなくても仕方ないか、と思いながらスタートしましたが、なんとか、なんとか、最後の2周(約4km)は歩いた方が早いんじゃないかと思うような速度でしたが、走りきりました。

別に走ることが好きでも、運動が得意でもないのに、なぜ走るのか。

単に、去年できたことが今年できなくなるのがいやなのです。

去年できたのに今年できなくなったことが他にあれこれあるので、せめてこれくらいは、ね。

自分へのごほうびに、何年ぶりかで近所の人気のパン屋さん(それなりの価格)でパンを購入。おいしい!やっぱりこの店はおいしい!高いだけある!

昼過ぎには、2駅先にある某有名衣料品チェーン店へ、利用するのは初めて。話には聞いていたけど、ほんとに安い!これも安い!あれも安い!すっかりテンションが上がって、思いっきり買いまくってしまいました。

高さに感動し、安さに興奮し、乱高下な一日でした。

今日の「ありがとう」は、とても丁寧で感じのいい女性店員さんたちに。

2020年6月19日 (金)

迷走中のふふふ

今日から県をまたいだ移動の制限が解除になったそうです。さっそく温泉旅館に泊まりに来ている客を、テレビ番組で取材していましたが、一方で、「まだ不要不急の外出は控えるように」って呼びかけていたりして、いったいどうすりゃいいんだ!

まあ、それでも「コロナ明け」に向かって少しずつ動いているということですね。

ほとんどの人は、かすかでも出口が見えてきて嬉しくなるのでしょうけど、私はすっかり引きこもりに馴染んでしまったせいか、動き始めた世の中に出ていくのがなんだか不安で、いっそのことこのまま引きこもっていたい気持ちです。

とはいえ、まったく誰ともしゃべらない生活は想像以上に苦痛で、これがずっと続くかと思うと、気が滅入ります。

そんな、行ったり来たり、迷走しているこのごろですが、今日は誕生日でした。

メッセージをくれた方々、どうもありがとう。

2年ぶりに会った友人と、遠方に住む友人からプレゼントをもらいました。布ものが集まりました。どれも私好み。
Img_4818

「笑っているうちに元気が出てくる」という言葉を読んで、ちょっと笑ってしまいました。ふふふ。

2020年6月 5日 (金)

挨拶にドッキリ

昨日、砧公園に早朝ジョギングに行くと、数十メートル先で、若い男の子(20才前後かな?)が向かい合って立っていました。一方の男子は猫背気味で、かたわらには倒した自転車と地べたに置いたバッグ。もう一方は、スケボーに片足を乗せ、腰に手を当てている。

も、もしかして、これは、スケボー男子がもう一方の男子に絡んでいるところ?とちょっと不安になりながら徐々に近づくと、どうやら友だち同士のようで、仲良く、でも2メートルくらい空けて(偉い!)会話していただけのようでした。

なーんだ、よかった。と安心しながらも視線をその子たちに向けたままでいると、猫背男子が私に気づき「はよっす」(=おはようございます)と挨拶してきました。

え?なぜ?私が凝視しすぎていたから「僕たち怪しくないですよ」っていうアピールかな?それとも、単に年配への挨拶が習慣化しているだけ?ちょっとびっくりして、すぐには声を出せなかったので、大きく会釈して通り過ぎました。

理由はどっちにしろ、なんだか気持ちよかったな。ただ、そこで自分も元気に「おはよっす(^o^)/」って応えられなかったのが情けない。

早朝ジョギング中に挨拶されて驚いたといえば、2年程前にもありました。

駒沢公園の近くを走っていたら、こちらに向かって歩いてきた30才前後の細身の男性。私の顔をしっかり見た上で「あ、おはよっす」とはっきり挨拶してきました。ええええ!私に!?

なぜこんなに驚いたかというと、だって、その男性、細身の体にぴったりしたテラテラ光沢のある素材の開襟シャツ、スリムな黒系のパンツ、先のとがったエナメルの革靴という服装で、そう、チ○ピラ風な出で立ちだったのです。

あまりに驚いて、まったく反応できずにすれ違ったのですが、「絶対に間違いだよね。知ってる人じゃないよね。でも、知ってる人だったらどうしよう。あとあと、『あいつ、俺が挨拶したのに無視しやがった』って言われたら…」と、とても心配になりました。

その後、何も起こらないので、やはり間違いだったのでしょう。いや、もしかしたら、そのチ○ピラ風な男性も、単に挨拶が習慣化している気持ちの良い人だったのかもしれない。

チ○ピラさん、ごめんなさい。いや、そもそも、チ○ピラかどうかも不明なのですが。

今日の「ありがとう」は、久しぶりの書道のお稽古再開に。みんな無事で良かった。朝顔も無事に育っています。皆さんも引き続き体にお気を付けください。
Img_4812

2020年5月24日 (日)

緑の香りをチャージ

よく晴れた気持ちの良い朝。先日見つけた緑道をまたウオーキングしました。
Img_4795

緑道からちょっと逸れると、世田谷八幡宮がありました。世田谷八幡宮の存在は知っていたけど(知り合いが時々FBに上げていたので)、こんなに簡単に歩いてこられる距離だとは知らなかった。

世田谷八幡宮には土俵があります。コロッセオ風、と言ったら大げさかな。ここで奉納相撲が行われるそうです。
Img_4799

ウオーキングから戻ったら、いつも通り引きこもり。天気が良くて、出かけたくなるけど、我慢我慢。テレビで流れる新宿・渋谷の映像では、けっこう多くの人たちが出歩いていますね。明日にも緊急事態宣言の解除が発表されるという情報が流れているせいでしょうか。

明日が引きこもり生活の最終日になるかもしれない。気持ちの切り替えが必要だ。それはそれで、ちょっとしんどい。

今日の「ありがとう」は、朝の緑の香りに。

 

2020年5月17日 (日)

平日と同じ休日

週3回の朝ランはコロナ禍前からの習慣ですが、朝ランをしない日の運動量があまりに少ない(というよりゼロに近い)ので、30〜40分程度のウオーキングをすることにしました。

これまであまり足を踏み入れた事のなかった道に適当に入っていったり、ちょっとだけ冒険しています。今朝は、素敵な緑道があることを知りました。雨上がりの朝の緑の香りが気持ちいい。

そんな気持ちのいい朝で始まった日曜日も、あっというまに終わりそうです。平日となんら変わらない1日。

あ、でも、今日は黄身しぐれに挑戦しました。ちょっと失敗したけど、味はまあまあでした。写真は、できるだけ失敗が分かりにくい角度で撮っています。
Img_4786

今の心の支えは、早朝の緑と甘いものです。

今日の「ありがとう」は、烏山川緑道の草木を手入れしている方々に。

2020年5月13日 (水)

離れられない理由

引きこもっているうちに、砧公園のバラが満開になっていました。

Img_4761 Img_4764 Img_4765 

Img_4767 Img_4768 Img_4774

これら以外にももっと種類があるのですが、フェンスに囲まれて近づくのが難しいので撮れません。なぜ入れないようにしているのかな。引っこ抜いて行っちゃう人がいるのかしら。

明日には、39県で緊急事態宣言が解除される見込みだそうです。

それよりも、私は検察庁法改正案が通過してしまうことの方が気がかりです。書面の証拠も無く閣議決定されたK氏の定年延長を後付けで正当化するために、コロナ禍に乗じてむりくり通すつもり。だと私は解釈しています。そんなことが許されるのでしょうか。

今の政権は、「そんなこと、まさかありえないよね」って思えるようなことがいくつもいくつも起こってきた。こんな日本、私は嫌いだな。かといって、日本を離れてよその国に移る余裕(資金)は無し。

それに、桜も梅もバラもみごとな砧公園の近所からは、離れたくないのです。

今日の「ありがとう」は、思いがけず、問題の1つが解決した瞬間に。新しいソフトで、どうしてもうまくいかなかったことが、今日の夕方、なぜかうまくいきました。同じ事を、この数日間で2回は試したのに!なぜ今日うまくできたのか?

原因は分からず。原因が分からないと、この先も同じ不具合に陥る危険性が残っているのだけど、ひとまず今はなんとかなったので、とりあえず「良し」としよう。

«標準的なスピード感で

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ