2021年10月25日 (月)

人気にはわけがある

もう何十年も東京に住んでいて、何十年も前から評判は知っていたのに、今まで食べたことがなかった「空也もなか」。

20211021_100348

先週、銀座の鳩居堂に行く用事ができたので、2日前に予約して購入しました。(だいぶ昔、一度予約の電話をしたことがあったのですが、そのときは1週間先の分までいっぱいでした)

香ばしい最中の皮と、しっかり豆の存在感がある粒あん。確かにおいしい。長年人気があるのには、やはりちゃんと理由(わけ)がある。

過剰包装無しというのが、また良いですね。瓢箪の形を生かして、きれいに10個入っています。

すっかり気に入ったので、また予約しちゃいました。緊急事態宣言も解けて、都内のコロナ感染者数もだいぶ減って、外出を考える人が増えつつあるせいか、なかなか電話がつながらなかった。銀座ももうすぐ以前の活気が戻るかな。

今日の「ありがとう」は、お誘いの連絡をくれたK美に。再会が楽しみです!

2021年10月19日 (火)

月と団子と重力と

夕べはきれいな十三夜🌔でした。

満月の手前なのにピカピカ!これが満月だったら、どれほど眩しいか!と思うほど。

そして、十三夜のお月見団子を作りました。
20211018_151829

「栗名月」なので栗を使おうと思ったのですが、調達して下ごしらえする資金も時間もなく、中秋の名月の時と同じようなお団子。そして中秋の名月の時より柔らかくなってしまったので、積み上げているそばから重力で潰れ気味😵

それにしても、あれほどくっきりはっきり月が出ていたのに、一夜明けて今朝は雨、しかも寒っ!

あんまり寒くて、あわてて手袋とマフラーを探しました。(いまだ見つからず)

もう冬まっしぐらですね。皆さまどうぞご自愛ください。

今日の「ありがとう」は、ダイビング再開の声をかけてくれたKちゃんに。しかし引きこもり生活にすっかり慣れてしまったせいか、一歩踏み出す勇気が出ず…、再開するかどうか思案中です。

2021年10月17日 (日)

UKよりマグを詰めて

国際郵便が届きました。中身は、怪しげな革命家のような顔が印刷されているコーヒーマグ。
20211002_190902 20211003_080013

BBCのオンライン英語学習プログラム「Learning English」の教材ドラマ「Father & Son」の懸賞品で、怪しげな顔は、革命家ではなくドラマの主人公の刑事です。

この数年、英語の勉強をすっかり怠っていたので、久しぶりに同プログラムでの学習を再開したら、件の教材ドラマと懸賞企画が展開されていました。

オンライン英語学習なので、当然、利用者は英語を母国語としない人ですね。英国在住の人もいるかもしれませんが、大半は英国以外の国に住んでいる人でしょう。

懸賞の申込ページには、「英国在住のみ対象」とか「発送先は欧州圏内に限る」といった注釈はどこにも見当たらず、まさか英国外でも送ってくれるの?と、試しに応募したら、当たりました。もちろん、送料なし配達されました(3週間くらいかかりましたが)。

Webサイト上で発表された他の当選者も、欧州のほか、インドとか、フィリピンとか、韓国とか。もしかして、中国で製造して直接発送しているんじゃないの?(安っぽい作りだし)と思ったら、MADE IN UKでした。

さすがBBC、大英帝国の放送協会。潤沢な資金があるのか、あるいは特別な配達網を持っているのか。

ちなみに、このBBCのLearning English、登録無しでも無料で利用できて、内容も豊富。とても充実したサービスです。

上達するかどうかは、こちら(利用者)側の努力次第ですが ——— トランスクリプト無しのインタビュー動画はほとんど聞き取れなかった (^_^;

今日の「ありがとう」は、急激に寒くなったせいか、とっても小さく咲いた朝顔に。
20211017_072148

2021年10月 4日 (月)

30年前をおさらい

約30年ぶりに「恐るべき子供たち」を見ました。

20211003_195351

4Kリストア版、つまり、4K対応に修復したものだそうです。

冒頭でさっそく登場したポール(主人公の1人)が、中学生のくせにずいぶんおっさんぽくて(20代半ばだろうか、周りの少年達が中学生然としているので、あまりに落差が…)、いやいや、何故この人にしたの、と。そういえば、約30年前に見たときもそう思ったっけ。

ポールを演じたエドゥアール・デルミットはのちにジャン・コクトーの養子になる人で、このキャスティングはコクトーのゴリ押しだったとか。

コクトーは何かの時に、この映画でダルジュロス(ポールが中学生の時に憧れていた同級生)とアガット(ポールがその後恋してしまう女性)を同一の女優が演じたことに不満を漏らしていたけど、私はポール@デルミットのキャスティングの方がよほど不満ですよ、ムッシュ・コクトー!

エリザベート(もう1人の主人公)を演じたニコール・ステファーヌは、正直なところ、全然美人に見えない。フランス映画で主役の女性が美人ではないのは、珍しい気がする。垢抜けなくて、粗野な感じ。なのだけど、角度によって、とても美人。美しく、冷たく、支配的な雰囲気を漂わせる。それがエリザベートという役柄にぴったり。こちらのキャスティングには満足。

エリザベート&ポールの姉弟が狭い部屋に作り出す、雑多で混乱した、ガラクタと宝物でいっぱいの空間は、外部を拒絶する閉ざされた密室のようでもあり、空想を解き放つ果てしない宇宙のようでもあり、とても魅了される。

「恐るべき子供たち」の“ビジュアル化”としては、この映画とコクトー自身のイラスト、そして萩尾望都のマンガがある。萩尾望都のマンガの方が、映画よりも原作のイメージを見事に表していると、約30年前に思った、ことを思い出した。萩尾望都の「恐るべき子供たち」をまた読んでみたいなあ。

今日の「ありがとう」は、涼しくなってから咲いた淡い色の朝顔に。この朝顔、夏の間は1輪しか咲かなかったけど、10月になって3輪開きました。
20211003_061939

2021年9月22日 (水)

月も団子も

昨夜は中秋の名月でした。「中秋の名月」の名にふさわしく、ぴっかぴっかの眩しい満月でした。

中秋の名月が実際の満月になるのは8年ぶりだとか。次回は2030年だそうです。

近頃では毎月やたらと「なんちゃらムーン」という言葉が登場しますが、やっぱり中秋の名月だとか、十五夜だとか、十六夜だとか、そんな呼び方が風情がありますね。その方が和菓子が似合う。

ということで、お月見団子を作りました。
20210921_160750

やっぱり2段だと格好が付かないなあ、なんだかずんぐりした座布団みたいだなあ、などと考えていましたが、1段目を3個にすればよかったのですね😅

満月パワーのおかげか、今朝は新しい種類の朝顔が一輪咲きました。小さめの薄青い花です。
20210922_084834

今日の「ありがとう」は新顔の朝顔に。

 

2021年8月29日 (日)

発熱の妄想

昨日、ワクチン接種2回目を受けました。

同年代の友人のほとんどが、2回目接種後に発熱しているので、おそらく発熱するだろうと予測。

日曜日は仕事が休みなので、翌日に発熱するのはかまわないのですが、人によっては「高熱が2日続いた」「翌日はなんともなかったのに、翌々日に発熱した」という報告があり、もし同じようなことになってしまうと、月曜日の仕事に影響することに。どうしよう。

ここ数日はそんなことを心配していたので、夜はろくろく眠れず。

そして接種当日(つまり昨日)は、腕にだるさがあるものの、まだ熱は上がらず。どうせ発熱するなら、パッと上がって日曜日のうちに下がってくれないかと考えながら就寝前に熱を測ってみると、36度4分(平熱の低い私にとっては微熱)。

このままカーッと熱が上がるかなと期待しながら就寝し、夢うつつの中でなんだか息苦しい。

「発熱?それとも熱帯夜のせい?」とまたまた眠れず。午前2時に熱を測ったら36度4分と変化無しでした。

しかし、そこから少しずつ熱が上がり、午前7時に37度5分に!私にとってはかなりの「高熱」。ここで解熱・鎮痛剤を投与。

すると2時間ほどで37度を切り、その後は36度8分〜9分をキープ。

このまま熱が下がっていくのか?あるいはまた上がるのか?と1時間ごとに熱を測り、現在就寝前は36度6分です。熱を測るだけで1日が終わりました。発熱そのものより、熱がいつ上がるか、いつまで上がるか、頭の中でぐるぐる妄想したことですっかりへとへとになった週末でした。明朝は平熱に戻っていますように。

さて、昨日は久しぶりに大輪咲き「平安の暁」が咲きました。

前回は縁の一部が白だったけど、今回は縁がぐるりと白い。(残念ながら花びらが切れてしまっています)
20210828_073024

そして今朝は、新たに別の種類が咲きました。大輪咲きのはずだけど、とっても小さい。
20210829_055934

今日の「ありがとう」は、猛暑の中で咲いてくれた朝顔たちに。

2021年8月23日 (月)

週末の言い訳

先日、うっかり右足をくじいてしまったため、必ず毎週末に(雨でなければ)行っていたジョギングを、この週末はお休みしました。

もともと、走ることが好きなわけではなく、ただひたすらに「運動不足解消」のためなので、正当な「言い訳」があるのは、罪悪感を抱かずに休めるのでありがたい。

が、天気がいいのに、まったく走らずにそのまま休日引きこもっていると、もやもや・ぐずぐず・うつうつしてしまうので、ラジオ体操に参加してきました。

久しぶりのラジオ体操、本気でやると、わずか10分足らずなのにけっこう汗をかきますね。いや〜、あの動きはなかなかに体幹を使いますよ。まあ、私はそこそこ体幹には自信があるのですが、私にとって難しい動作は、「ラジオ体操第一」の両足跳びと、「ラジオ体操第二」の片脚跳びと足踏みです。

微妙にテンポがゆっくりなので、なかなか合わない。特にラジオ体操第二の方は、テンポを合わせようと苦労しているところに、足踏みして脚を変えるという高スキル(?)な動作が畳みかけてくるので、全然うまく動けません。

念のため「言い訳」しておきますと、これは歳のせいじゃないですよ、昔からこの部分は苦手です。

さて、ベランダの朝顔が、今夏初めて2ケタ(12輪)咲きました。12輪すべてこの種類。暑さに強いのかしら。
20210823_091514

今日の「ありがとう」は、私のノロさをいつもカバーしてくれる、バイト先のSさん・Iさんに。

 

2021年8月16日 (月)

大きくて良し、小さくて良し

ようやく大輪咲きの朝顔が咲きました。わーい。
20210816_082119
「平安の暁」かな?花びらが少しフリルっぽくて、端に白が入っています。

ちなみに第一朝顔は7/27で、こちらと同種の朝顔(名前分からず)。以来、ずっとこの朝顔だけが咲き続けていました。
20210816_082236
大輪咲きよりひとまわり小さいです。

さて、懲りずにくず饅頭に4度目のトライです。今回は、餡を真ん中にすることには執着せずに作りました。今までより小さめに。小さめの方が真ん中かどうかが気にならない(ような気がする)。
20210814_132745
抹茶がなくなってしまったので、紅茶とともに。

日本列島を覆う前線のせいで、この数日、真夏とは思えないほど涼しいです。

「涼しい」だけで済んでいるのは、なんとも幸運です。この大雨で大きな被害に遭われた方々に、心からお見舞いを。

2021年8月15日 (日)

歴史は繰り返してはいけない

東京都の新型コロナウイルス感染者数が2日連続で5000人越え、そして豪雨による明け方からの「警戒レベル4」速報のため、本日は終日引きこもり。

前回の投稿から引き続き、某公共放送の「映像の世紀」のアーカイブを視聴。8話〜11話の4話を一気に見ました。歴史の真実の一部(たぶんすべてではない)を突きつけられて、少々ヘトヘトですが、未来永劫残したい番組だと、あらためて思いました。

それにしても、日本は結局のところ、いわゆる「大国」に見透かされ、踊らされ、利用されていたんだなと感じました。そして思い上がった末に、多くを喪失し、嫌悪され、孤立し…。愚かですね。

しかしその「大国」も、エセ正義の大義名分のもとに、自国の財産(特に人民)をそうとう消耗している。そして懲りずに世界各地の紛争に首を突っ込む。愚かですね。

映像の世紀=20世紀=戦争の世紀。それが、21世紀の今、なんとなく似たような感じがまた、繰り返されそうな気配だと考えるのは、神経質過ぎますかね?

今日は終戦記念日です。今でも世界のどこかで戦争(紛争)が続いていますが、少なくとも、この日本では二度と起きないでほしい。私は戦争を知らない世代ですが、ずっとずっと戦争を知らない世代でいたいと強く思います。

2021年8月 8日 (日)

良質の学習教材

「歴史に学べ」とはよく使われる言葉ですが、その歴史を学ぶために良い教材を見つけました。

某公共放送の「映像の世紀」です。

もともとは1995〜1996年にかけて放送された番組ですが、先週と今週で全話再放送!オリンピックの影で、こんなに良質の番組が再放送されていたとは(私はオンデマンド配信で視聴中)。

素晴らしい番組です。どれほど人類は歴史に学ばなければいけないか、そしてどれほど人類は歴史に学ぶことができていないかが分かる。是非、多くの人に見て欲しい!

N○K、いい番組作るよね〜。特にドキュメンタリー、そして一部ドラマも。ああ、それなのに、ここ数年のニュース等での「忖度」具合は…。

ドキュメンタリー班、ドラマ班、そしてE班、これからもどこぞの圧力に負けずに良質の番組を作り続けてください。

今日の「ありがとう」は、価値あるドキュメンタリーに。

«サボロー暗躍中

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ