2019年10月 9日 (水)

じっくりと淡々と静かに

「土の記」(高村薫著)。どういう内容かチェックせず、久しぶりに高村薫を読んでみようと、事前情報無しで手に取りました。

高村薫の作品では、合田雄一郎が登場する推理ものが好きなのですが、読み進めていくと、どうやらこれは合田シリーズではなさそう。

事故により16年間植物状態だった妻を亡くしたばかりの男の生活が、じっくりと淡々と語られていく。ストーリーがどういう方向に進むのか分からないまま、じっくりと淡々と細かく書き込まれた文章を読み進めるのは、私にはちょっと辛い。

「晴子情歌」も上巻はかなり辛かった。それでも、下巻になると、それまでまとまりのつかなかった数々のエピソードがだんだんとひとかたまりになって大団円へと向かっていく印象だった。

そんな感じかな、と思いながら、上巻を終え、下巻に移行。下巻もやはり、じっくりと淡々と、細かく、静かに・・・。

そんな中でも、事故に対する疑念、妻との過去の心弾む思い出やわずかな亀裂、若い頃の娘の反抗、現代っ子の孫の滞在、娘の再婚、脳溢血、そして遠くの地(小説の舞台は奈良県)での東日本大震災と、大小さまざまな動揺が寄せては引き、寄せては引き・・・。

晴子情歌のような大団円もなく、静かに進み、静かに終わる小説だった。

と思いながら、他の読者の感想などをネットで読んでいたら、「まさかの終わり方」「結末があまりにも予想外」などの言葉が。私は何か読み落としていたのかもしれない、と、図書館に行って最後を読み直した。

なるほど。意外と言えば意外かもしれない。でも、読み落としていたわけではなかった。つまり、私にとっては意外ではなかった。

しかし、読み進めるのが辛い小説だったな。だいぶ“飛ばしながら”読んでしまった。

それにしても、米作りの描写の細かさには驚いた。米作りはこんなにも科学的だったのか。台風が接近して空模様が怪しくなってから、あわててトラクターを引っ張り出すテレビドラマの演出が(放映当時はけっこう感動しながら見ていたけど)とても薄っぺらい印象に変わってしまった。

次に高村薫作品を読む時は、やっぱり合田シリーズにしよう。

今日の「ありがとう」は、心地よい秋晴れに。しかし大型で猛烈な台風が接近中。大きな被害がないことを祈ります。

 

2019年9月19日 (木)

語らぬ心の嵐

ちょっとサボリ気味の読書、先日1つ読み終わりました。「偽日記」村松友視著。「自伝」といっていいのかな。

著者がこの世に誕生する前に、父親が亡くなったため、祖父母の養子となって育てられる。そんな背景と、祖父が有名な作家であることから、ちょっと変わった幼年・少年・青年時代を送る。戦中・戦後の様子も、一般的な庶民の様子と共通するところもあり、しないところもあり。そんなことが作用してか、戦後の生活が苦しいような部分も、それほど暗くならずに読み進められる。

著者の目を通して、世間や家族の様子が描かれ、話しが進んでいくのだけど、最終的に、この物語の主役は祖母であるような気がする。

当然、著者が祖母の心の内を分かる由もなく、それ以前に、祖母は自分の感情や考えを露わにするタイプではないので、終始、祖母の存在感は比較的あいまいなままなのだけど、最後に、この人の心の中はずっと嵐だったのではないかと思わせる。といっても、最後まで、彼女が本当は何を思い続け、何を抑え続けて生きてきたのかは分からない。彼女の心の中を説明する文章は、ほぼ無い。なぜなら、祖母が著者に心の中を語ることはなかったから。

書かれていない彼女の心の中が気になる。常にざわざわして、時には高波が白い飛沫をあげていた(はずの)心の中が気になる。そんな事を考えながら、読了数日後にじわじわと胸が苦しくなりました。

これは「自伝」というより「自伝的小説」かな。

今日の「ありがとう」は、デパ地下のL紅茶店に。紅茶2品を買ったら、会計のレシートに「当たり」が出て、もう1品もらいました。なんというラッキー!ラッキーすぎて申し訳ない。

2019年9月14日 (土)

ありがとうとおめでとう

7月以来、2カ月ぶりのダイビングです。

ポイントは井田。水温は27℃(温かい!)、透視度は15〜20m(抜けている〜!)、波は無く(穏やか〜!)、最高のコンディション。井田名物のタカベも登場!
70344691_2500531863500304_45643316202821

ダイビング仲間・M里の復帰を祝ってくれているようでした。

実はM里は、両脚を手術し、2年間ダイビングをお休みしていたのです。最初に手術をすると聞いた時は、もうダイビングをすることはないだろうなと思っていました。「海に戻ってくるのを待ってるよ〜」と口では言っていたものの、ダイビング仲間が1人いなくなっちゃうのか・・と淋しく思っていました。

が、頑張ることが大嫌いなM里が、リハビリを頑張っていたようで、なんとなんと見事に復帰!まだ人の助けを借りなきゃできないこともあるけど、あれだけこなせれば立派立派。

そして、相変わらず料理の腕を振るって、ランチを用意してきてくれました。
70251111_2500532623500228_41755885726334

仲間がいるって、本当に幸せ!

今日の「ありがとう」は大切なダイビング仲間に、そしてM里に「復帰おめでとう!!」

2019年9月 7日 (土)

若い子たちの成長にウキウキ

久しぶりに歌舞伎座へ行きました。

演目は、「寺子屋」「勧進帳」「松浦の太鼓」。お目当ての菊之助丈は、寺子屋の「千代」役。久しぶりの女形。若い頃の可愛らしい女形とは違って、ちょっと怖いくらいの印象でした(^^; が、ま、それも貫禄が出てきた所以でしょう。

寺子屋には菊之助丈の息子、丑之助も出演していて(親子の絡みはありませんでした)ファンとしては嬉しい舞台でした。舞台上では相変わらず“淡々と”していたけど、これからもどんどん色んな役をやって成長してほしいなあ。

寺子屋では福助丈が登場。私が福助丈を見るのも久しぶりだし、福助丈が舞台に立つのも久しぶりらしい。息子の児太郎@戸浪に手を引かれて、ようやく歩いて移動できる感じ。その頼りない動作や心配になる表情に少なからずショックでしたが、児太郎丈がなかなか頑張っていたので、ちゃんと芸は伝わっているのだなと思いました。

勧進帳は、仁左衛門丈が弁慶!いやー、表情1つひとつが、まるで写楽の描く歌舞伎役者!絵になる!歌舞伎通の知人曰く、「何を演じても仁左衛門」だそうですが、別の歌舞伎通曰く「仁座さんは何を演じてもかわいいから良し!」だそうです。どちらの意見にも大きく同意(^o^)

ちなみに勧進帳には、仁左衛門丈の孫・千之助丈も出演。なかなかハンサムに成長していました。こういうところで喜ぶなんて、私も着実におばさん化しています(^^;

松浦の太鼓は、赤穂浪士の討ち入りを題材にしながらも軽妙な演出で楽しめる・・・・はずが、いまひとつ地味な印象なのと、私自身の体調がいまいちのため、1時間15分は辛かった。米吉君の可愛らしさでなんとか耐えたという感じです。

それでもやはり、歌舞伎座はいいですね。観劇に来た高揚感があります。次回はいつ来られるかな。

週末の「ありがとう」は誘って下さった歌舞伎通のK子さんに。そしてお話が楽しい、K子さんのご友人・SさんとHさんに。

2019年9月 5日 (木)

醜くなっていく私たち

この数年、日本人が醜悪化している気がする。

私は、日本に生まれたことや日本人であることを幸せだと思っているし、日本生まれ日本育ちのベタな日本人で、決して反日ではない。

でも、ここのところ「日本人のこんなところが世界で尊敬されている!」みたいなバラエティー番組が(視聴率がいいのか)何年も続いている。自分が世界から尊敬されている!なんて、なんという不遜。

この手の番組は、おそらく東日本大震災のあと、「誇りを持って頑張ろう!」という意図で始まったのでしょう。確かに、当時(震災直後)の訪日外国人は、日本に対してかなりの関心または知識があって、日本を好きだったり、日本文化に敬意を表してくれる人たちだったでしょう。でも今は、単に旅行先の候補の1つに日本が入っただけで、これといって日本のこと知らないけど(好きじゃないけど)ちょろっと来てみたよ、って人の方が多いと思う。さらに、ニューリッチにとっては、日本ほど安くて(商品もサービスも)質が良い国はないから「断然おトク」って考えかも知れない。

それに、テレビ番組が謳う「日本人のこんなところが世界で尊敬されている!」の「こんなところ」は、現在の日本ではなく、過去の日本人が築き上げてきた文化である場合が多い。今現在の日本が世界に誇れるものは本当にあるのかどうか・・・。

加えて、ここ数日の韓国の「玉ねぎ男」についての過熱報道。こんなこと、貴重な労力と予算を使って報じる必要があるのかと。優位な立場を悪用して私服を肥やしたり、お友達を優遇したりする政治家って日本にもいますよね。韓国では、国民からもメディアからも責められまくっているけど(11時間の会見のあとに風向きが変わったようですが)、日本では「お咎め無し」がほとんど。日本のメディアは日本の政治家を追求することなく、韓国政府の「ほころび」ばかり力を入れて報道している。

こんなことしている間に、安倍晋三がアメリカに尻尾振って、中国が拒否したトウモロコシの輸入を決めたり、国連で途上国支援に9100億円拠出を表明したり、あれこれ決めちゃっています。

ジャーナリストの青木理氏が、日本のメディアが韓国のことあげつらう報道をして、それで日本国民が安心しているとしたら、それがとても心配というようなことを言っていたけど(※正確な言葉はこの通りではないです、私の記憶力が乏しいので、ざっくりとした表現)、まさに私もそれが心配。

でも、そんな青木氏の言葉を「こいつは反日だ!」って非難する人が多いことにビックリです。反日じゃないよ、日本が好きだからこそ、日本の現状を憂いているのですよ。

いつから日本人はこんなに醜くなったのでしょう。まあ、私も決して「醜くない」とは言えません。私自身は醜いところいっぱいありますが、日本という国は良い国であってほしい。

日本にいいところはいっぱいあるし、素晴らしい日本人もいっぱいいます。世界誇れることはいっぱいあります。でも、悪いところもいっぱいある!(特に今現在!!!!)良き日本人になるために、常に考えていたいと思う。

今日の「ありがとう」は、ツイートに反応してくれたTさんに。心穏やかにゆっくり眠りたいです。

2019年9月 2日 (月)

思い切って出かけてみよう

すっかり怠け癖が付いてしまいました。2週間ぶりの更新です。

週末に牛久に行ってきました。

牛久!そう、あの牛久大仏で有名な、茨城県牛久市です。しかし、牛久大仏を見に観光旅行に行ったのではありません。お茶の稽古のためにはるばる2時間かけて行ってきました。

月1回の都内の稽古に通っている人たち同士で、一緒に稽古合わせをすることになり、ご自宅で教室を開いている方が「遠いけどよかったらうちで」とおっしゃってくださったので、私ともう2人でお邪魔してきたのです。

正直なところ、前日まで「あー、なんで断らなかったんだろう。わざわざ2時間かけて行くなんて・・・、これまでほとんど話したことのない人たちだし・・・」と、とーっても気が重かったのです。

が、行ってみたら、とても楽しくて、とても充実したお稽古の時間を過ごすことになりました。

みなさん、とても面白くて優しい方々、そして、迎えてくださった牛久のOさんのお教室(お部屋)はゆったりと居心地良く、水屋も広くて明るく、用意してくださったお道具はどれも可愛らしく、おまけに、「いただきもの」だという上等なお抹茶も出してくださった。さらに、お昼休憩ではOさんのお茶仲間のお手製による漬物やアイスクリームもいただき、お稽古というより、気軽なお茶会といった感じに。

帰り際には、Oさんのお友達の手作りというストラップもいただいてきました。

Img_3449

このところ、出かけたり、人と会ったりすることがとても苦痛で、できるだけ避けてきたけど、思いきって動いてみるものですね。閉じこもっていれば嫌なことには遭遇しないけど、出かけなければ楽しいことにも出会えない、当たり前だけど。

お茶が出会わせてくれた素敵な方々。これからもこのつながりを大事にしていきたいものです。

週末の「ありがとう」は、Oさんご夫妻と2人のMさん、Oさんのお友達の方々に。

2019年8月17日 (土)

台風10号とガミガミ娘

ずいぶんとブログをサボっていました。

書きたいことは色々とあったのですが、まったく文章が進まず、書けずじまいでした。

さて、お盆休みは、いつものごとく、山口県の両親宅に行きました。

東京を発つ前から、台風10号が中国地方に向かってきそうな様子でしたが、日々スピードダウンしていたため、行きの便には影響なく、無事に山口へ。

しかし、山口に着いた時点で、帰京予定日にちょうど台風が山口を直撃するとの予報に。「うーん、以前にも天候の影響を受けそうなフライトをキャンセルしようかどうしようか悩んだあげく、待っていたら(遅延したものの)結局飛んだことがあったし、もうちょっと様子を見ようかな」と判断を保留していましたが、代替のフライトも新幹線も、どんどん空席がなくなっていく状況に。

そんなわけで、思い切って予約していた飛行機をキャンセル(払い戻し)し、1日半後の新幹線の指定席をとりました。

さて、台風が直撃するはずの日に、2階の雨戸を閉めて老両親と家に閉じこもっていましたが、これがまあ静かなもんで、雨も風もなく。私が予約していた飛行機、絶対飛べたよね?というくらい静か。その後、雨が降り出してときどき強まったりしましたが、風はたいして吹かず。

そうこうしているうちに、テレビのお天気コーナーでは「台風が中国地方を通過し・・・」と報じ、「え?いつの間に?」と肩すかし。

山口県ではなく、広島県に上陸していたらしいです。しかも、台風の中心の東側に暴風の影響があったそう。

何か被害があるよりは、「肩すかし」で良かったんですよね。それに、飛行機の欠航やJRの運転取りやめのおかげで余計に宿泊費がかさんでしまった人たちもいる中、私は延泊費はタダだったし。と、自分に言いきかせて、翌日、両親宅をあとにしました。

黒豆のような物体は、両親宅を出る間際に収穫したブルーベリーの実。全く手入れをしていないので小粒ですが、完全無農薬です。今朝、ヨーグルトに目一杯載っけて食べました。
Img_3419

お盆休みの「ありがとう」は、ガミガミ娘の長期滞在に耐えてくれた両親に。

2019年7月14日 (日)

蘇る“癒やされ感”

久しぶりに潜りに行きました。なんと、7カ月ぶり。かつては毎月1回以上潜っていた私が、7カ月のブランクによく耐えたものです。

しかし正直言うと、もう一生潜らなくてもいいかな、とさえ思っていました。

ブランク3カ月までは、ダイビング関係の友達がSNSにあげる写真などを見ると、とても羨ましくて、(潜りに行けっていないことが)とても辛かったけど、3カ月を過ぎると「楽しそうだな」とは思っても、潜っていない辛さなど感じないように。最近では、「ダイビング器材、邪魔だなあ。これがなければ、もっと片付くのに」とすら思うように💦

そんな中で潜りに行った大瀬崎。ここ数日の肌寒さから少し暖かさが戻り、最高気温27℃、水温は22〜24℃、透明度は10〜15m。ブランク明けとしては良好なコンディション。水に入ると、案じたほどジタバタせずに下降できて、久しぶりの浮遊感。小さくて愛らしい生き物たち。癒やされました。

ブランクダイバーのリハビリにつきあってくれたKちゃん、ランチとデザートをふるまうためにはるばる来てくれたM里、どうもありがとう!2人のおかげでダイビングの楽しさを思い出しました。

すでに水中カメラはなく(処分済み)、写真を撮れるデバイスを持っていかなかったので、海の写真もランチの写真も無し。海に行った証拠として、拾ってきた貝殻をアップします。何の貝だろう?

Img_3397

7カ月もブランクがあった理由はいくつかあるのですが、そのうちの1つは、副鼻腔炎。だいぶ治ってきたのですが、まだ完治ではないので、もうしばらく治療続行。実は今回の出張シェフことM里も脚の治療のため約2年のブランク。別のダイビング仲間Bちゃんは体調不良で要安静。健康だけが取り柄だった私たちも、寄る年波には勝てません。

それでもM里は9月の復帰を目指しているので、一緒に潜れるよう健康維持に努めるとします。

 

2019年6月26日 (水)

なんとなく、もたまにはいいね

「PK」(伊坂幸太郎著)。

伊坂幸太郎の作品は、少し悲しくて、少し優しくて、少し怖くて、少し可笑しい。突き放すような冷たい雰囲気があるけど、なんでも受け入れてしまう温かさも感じる。

タイトルの「PK」は、そのまんま、サッカーの「PK」のこと。過去のとある国際試合でのPKを巡って、過去と現在が不思議な形で“連鎖”する。何やら不穏な存在が見え隠れするのだけど、それが何かは分からない。なんだか分からないけど、なんとなく「解決」したような、しないような。

人によっては、「あー!もやもやする!」という気持ちになるかもしれません。終わりがはっきりしていなくても、まあいいか、と流せる私はそこそこ楽しめました。

終始漠然としているけど、「臆病は伝染する、そして勇気も伝染する」という言葉は、明確な存在として頭に残りました。

今日の「ありがとう」は、わざわざお土産と誕生日プレゼントを持ってきてくれたK子さんに。こちらがいつもお世話になってる側なのに、本当に恐縮です。

2019年6月24日 (月)

猫と手拭い集合

友人たちから、数日遅れの誕生日プレゼントいただきました。

猫と手拭いが集まりました(笑)

Img_3095

それから和三盆の金平糖と、スキレット(右下の四角いフライパン)。

スキレット、流行っているみたいですね。これを見た私は「卵焼き器?」と聞いてしまいました(^^;

アヒージョを作るのにも良いそうです。父にあげたいと思いました。というのも、父が作るアヒージョは、普通の大きさのフライパンを使うので、ものすごい量なのです。油タプタプ。それはまるで「油鍋」。

まずはこのかわいいスキレットで、自分でアヒージョに挑戦してみたいと思います。

週末の「ありがとう」は、素敵なプレゼントをくれた優しい友人たちに。これからもずっと友達でいてくれると嬉しいです。

«また1年生き延びました

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ