最近のトラックバック

2018年6月23日 (土)

理解者の祈り

昨年末頃からお茶の稽古に加わった女性(たぶん30代後半)。まわりの友達はどんどん結婚し、自分ひとりが独身で、非常に悩んでいるとのこと。話している内容がちょっとまとまりがなくて、それくらい心が焦りと不安であふれちゃっているのでしょう。

分かる、分かるわ。私もそうだった。私が何かいけないのかしら。私は一生このままかしら。うすぐらーい夜道を歩き続けるような感覚。どっちの方向に行けば光が見えるのか。誰か教えてほしい。必ず光にたどりつくなら、それが1万km先だろうと、その方向を進むのに。

結局どうやってそんな状況をやり過ごしたか、よく覚えていない。たぶん、不安が長引いて、鈍感になって、慣れた、という感じかな。

「今、彼氏もいないし、出逢いもないし・・・。将来が不安で不安で・・・。ずっと出逢わないままなんでしょうか」と、彼女。

普通はここで「大丈夫よ。きっといい人に出逢うから」と元気づけてあげるのでしょうけど、私の口からは言えない。なんといっても、私自身が、一生出逢わなかった成れの果てなのだから。

あなたのその不安を世界一理解できるのは、たぶんこの私。でも、あなたを救ってあげられるのは、おそらく私ではない。

人生は不安と失望の繰り返しよ。でも、ところどころ、楽しいことや嬉しいことが落っこちているのよ。という言葉が頭に浮かんだけど、うーん、なんの慰めにもならないな・・・。ごめんなさい。まったくお役に立てなくて。

彼女を救ってあげられる人が、早く彼女の前に現れますように。

2018年6月19日 (火)

愚かすらも愛おしく

久しぶりに、分厚い本を読んでみたいと思って、うっかり「光圀伝」(全751ページ 冲方丁著)を図書館で借りたのが2週間前。

最初の1週間はなんだか忙しかったり集中できなかったりで、ほとんど読めず。

読めるのか!?残り1週間で751ページ。ちなみに私は遅読です。

読み終わらなかったら貸し出し期間延長という手もあるのだけど、返却日が「6月19日」だったので、なんとか読み終わって「読了」という「区切り」を付けたいと思い、頑張りました。

そして感想。「私は冲方丁が好きだ!」

なんというか、冲方丁が描く人物って、“いつのまにか”引き込まれているのですね。淡々と書かれているので、最初はこれといって思い入れはないつもりなのだけど、いつのまにか、同じ時代を生きたい気持ちになっている。

思慮深く判断力と行動力に優れた主人公はもちろんのこと、つまらない見得やプライドで愚かな失敗をしてしまうキャラクターにさえ、愛着を感じる。

光圀伝は、特にラスト200ページ、眠るのを忘れそうなほどに入り込み、そして泣きました。

私の人生に大義は無く、大義を求めることもなく無為に生きている。でも、大義とは、抱くべき人が抱いてこそ、世のためになるのでしょう。

さて、なぜ返却日「6月19日」にこだわったかというと、今日は私の誕生日でした。

毎年言っていますが、この歳まで生き延びてきたのは、本当にありがたいことです。誰にともなく謝辞の気持ちを。

2018年6月17日 (日)

走っているのか歩いているのか

今年も走りました、6月恒例のハーフ(21km)ラン。

この数カ月、左側の大臀筋が痛くて、その痛みがなんとなく腰にも来ているような感覚だったので少し不安だったけど、無事に走りきりました。

3日前に思い切って、仕事で使っていた椅子を変え、走る前のウォーミングアップ(ストレッチ)をいつもより念入りにして、とにかくスピードを抑えて抑えて走りました。タイムは時間は2時間38分。過去最遅じゃ!bearing他人から見て、「走って」いるように見えたかどうか・・・coldsweats01

ま、まあ速く走る必要はないのだし、そもそも、21km走る必要すらないのだし。

なのになぜ走るかというと、去年走れたのに、今年走れないのはなんだか悔しいというか悲しい。「1年前にできたことが、今年はできない」って、ガックリ落ち込んでしまいそう。


「1年前にできたことを今年もできた」ので、今日は心安らかでした。

ところで昨日6月16日は和菓子の日だったそうですね。まったく認識していませんでしたが、ちゃんと和菓子を買いましたよ。しかも、友人からも和菓子をもらいましたよ。

そのようなわけで、今日は和菓子三昧でした。(走ったご褒美)

今日の「ありがとう」は、梅雨の小休憩とおいしい和菓子に。

2018年6月10日 (日)

5年の付き合いでも知らないこと

今朝、駒沢オリンピック公園に朝ランに行くと、ある一部だけ路面が妙に汚れている。近づくと、ヤマモモの実がたくさん落ちていました。

鳥が入れ替わり立ち替わり食べに来る(枝を揺らす)ので、次から次へとぽとぽと落ちてきます。すでに人や自転車に踏まれたりしているものも多く、ベリーらしい香りがかすかに漂っています。

こんなに大きなヤマモモの樹があるなんて、知らなかった。いや、知っていたかもしれないけど(樹に名札がついている)、こんなに実を付けていることに今まで気づかなかった。

スマートフォンを持っていないので、どれくらい大きい樹で、どれくらいたくさん実が落ちているかを写すことはできませんでしたが、3粒だけ拾って帰宅し、証拠写真を撮りました。

Img_1757

おいしそうだけど、公園で拾った物なので(いろんな人が通るし、自転車も通るし、犬・猫も通るし、ハクビシンも通るし)試食はやめておきました。

もう5年以上も週1くらいのペースで来ている公園ですが、まだまだ気づいていないことがいっぱいです。

今日の「ありがとう」は、走っている間に降らずにいてくれた空に。

2018年6月 2日 (土)

思い立ったが四日前

しばらく潜りに行けそうもないな、と思っていた黄金崎(西伊豆町)。

透明度も良くて、水温も上がっているという情報をネットで見て、「行きたい!どうしても行きたい!土曜日なら行けそうじゃん!」と急に思い立ち、Bちゃんにお誘いのメッセージを出したのが5月29日(火)。即「行きます!」との返事。

え?ほんと?そんなに簡単に決めちゃって大丈夫?(Bちゃんはけっこう遠くに住んでいる)と、誘っておきながらびっくり。

で、Bちゃんと行ってきました黄金崎ビーチ。しかし、「行こう!」と思い立った日から徐々に透明度が悪くなりweep結局「透明度3〜5m」に。

いやもう、エントリーした途端、曇りガラス越しの風景のようでしたよ。全体的な景色が全然分からないので、ところどころ、迷ってしまいまい、来たルートを戻ったり・・・。Bちゃんにけっこうな運動量を課してしまいましたcoldsweats01

今回の大ヒットはコウイカの赤ちゃん。ちびのくせに一生懸命威嚇しています。
P6020063

どれだけチビかというと、私の人差し指と比べてこれくらい。
P6020064

かわいい〜。30分くらい見つめていられそうです。

しかし、そういうわけにもいかず、「無事に育つんだよ」と声をかけてその場を離れました。

久しぶりの海、久しぶりのダイビング仲間。とてもいい時間を過ごしました。

今日の「ありがとう」は、快くお供してくれたBちゃん、そして笑顔で迎えてくれた黄金崎ダイビングセンターのスタッフのみなさんに。

2018年5月18日 (金)

アイドルがスターだった頃

往年のアイドル、西城秀樹氏の訃報。

63才。まだまだ若いのに。とはいえ、大杉漣氏(享年66才)のときほどの衝撃はなかった。2度の脳梗塞に見舞われたことからか「ついにこの日が」という感じ。(死去の報道を聞いた瞬間は三度脳梗塞かと思ったのですが、実際には急性心不全です)

しかし、死去が報じられてから何度もテレビで流れる若かりし日の映像に、「やっぱりかっこよかったな〜」と見とれてしまった。

あの頃はいい時代だったなあ。「いい時代」というのは、社会が良かったという意味ではなく、「私の人生の中でかなり幸せだった時代」という意味。

毎週必ず「ザ・ベストテン」を見て、翌日の学校では友達と「ザ・ベストテン」の話で盛り上がり、悩みといえば仲良しのYちゃんがかわいすぎて一緒に居ると差が付きすぎることくらいだったあの頃。まだまだ未来に希望があった(希望があると信じていた)あの頃です。

なんてことを思っていたら、ヒデキの映像を見ながら涙してしまいました。

ヒデキ、幸せな時代をありがとう。どうぞ安らかに。

2018年5月14日 (月)

薔薇と人に埋もれる

またまた薔薇です。薔薇に埋もれてきました。

旧古河庭園には約100種類の薔薇があるそうです。それぞれ咲きどきが異なるので、もう咲き終わった種類、ちょうど見頃の種類、ピークを過ぎて開ききったもの、まだ蕾のものもありました。

シンデレラ
Img_1707

ゴールデン・メダイヨン
Img_1710

ブルーライト
Img_1698

初恋
Img_1685

それから名前を覚えていないかわいいバラたち
Img_1678Img_1687Img_1701Img_1711

こちらはバラというより牡丹のようですね。これも名前を覚えていないcoldsweats01
Img_1729

それぞれきちんと名札が立てられているのですが、わりと混んでいたので、名札と花を一緒に収める余裕(場所・時間)がなかったのです。
おそらくGW中よりは空いていたのでしょうけど、こんな具合でした。
Img_1675

バラのある洋風庭園だけでなく、広〜い日本庭園もあります。
Img_1721

紅葉の季節も良さそうです。

入園料150円。安っっ!!!!

週末の「ありがとう」は、不安定な天気の中、散策に付き合ってくれた友人に。「数量限定 塩豆大福」おいしかった。

2018年5月 2日 (水)

今年も薔薇薔薇、という感じ

砧公園の薔薇が咲き出しました。
P5020040

P5020046
P5020051
P5020060
P5020066
クリーム、淡いピンク、白に濃いピンクの縁、オレンジ、どれも主役を張れる存在感。

そして主役の中の主役、深紅のこの種類だけちょっと遅れているみたい。
P5020052

ここの薔薇を見ると、「♪君はバラバラ、はーぁとは、あっかっいバラ〜♪」と、少々調子っぱずれな俊ちゃんの歌声が頭の中を巡ります。それくらい“賑やかに”咲きますhappy01

深紅だけだったら、「薔薇は薔薇は、気高く咲〜い〜て♪」と、ベルばらのテーマ曲が流れるところですが。

今日の「ありがとう」は、薔薇の手入れをしてくれている見も知らぬ方々に。

2018年4月22日 (日)

愛しいゴカイ

全国的に暑くなった週末、久しぶりに潜りに行きました。なんと、2018年の初潜りです。

以前は月に1回以上は潜りに行っていましたが、昨年からペースダウンしてしまい、とうとうブランクが4カ月に!wobbly

このままだと、海の楽しさを忘れてしまいそうなので、Kちゃん・Bちゃんを声をかけ(正確には「お願いして」)大瀬崎に行ってきました。

雲の上に山頂が見える富士山と青い海が絵になります。
P4210070

水中は、青というより少し緑がかって、やっぱり「春の海」という感じ。でも陽射しのおかげでだいぶ明るくて気持ちいい。

色とりどりのイバラカンザシ。きれいでしょう。この傘の形をした海藻のようなものは、実は動物(ゴカイ)に分類されます。触ると傘部分が引っ込みます。
P4210094

こちらは繁り始めた海草たち。箱庭みたいでかわいい。
P4210102

もちろん、魚もいろいろいましたが、久しぶりの海の中は、こんな景色がいっそう愛おしく感じられました。

それにしても、水温15〜16℃はちべた(冷た)かったbearing もう少し上がっているかと期待していましたが。せめて18℃まで上がってくれないかな。

週末の「ありがとう」は、Kちゃん、Bちゃんに。また潜りに行きましょう!

2018年4月 8日 (日)

ハクビシンブラザーズ

今朝、駒沢公園を朝ランしていると、先の方に、黒いダックスフントらしき2匹がジョギングコースに近づいてくるのが見えました。

この公園は犬の散歩に来ている方が多いのです。

ダックスフント2匹はリードを付けていなかったので、「飼い主がリードを外しちゃったのかな」などと思いながら近づいていくと、「???ダックスフンドではない?鼻のところに白いラインが・・・。も、もしかしてハクビシン?」

そう、ハクビシンの兄弟だったのです。

まだ子どものような感じで、仲良く2匹並んでジョギングコースに近づいて来て、人間(つまり私)の姿を見ても逃げる様子も無く、その場でなんとなくウロウロ。

その人慣れした様子に私の方が焦ってしまい、「ハクビシン、だよね?えーっと?誰かのペット?」と、飼い主が近くに居るのかと見回してしまいました。

あいにくデジカメは携帯しておらず、スマホも持っていないので写真を撮れませんでした。

もし撮影機を持っていたら、余裕で5ショットは撮れましたよ。それくらい、彼らはしばしの間、その場にとどまりました。が、場の雰囲気をようやく感じ取ったのか、「もしかしたら僕たち、ここに出てきちゃいけなかったかな?」と相談でもするように鼻を突き合わせると、たたたたたたと、仲良く立ち去っていきました。

ネットやテレビの画像で見てきたハクビシンよりも、ずっときれいなハクビシンブラザーズでした。

世田谷区によく出没すると聞いてはいましたが、まさか自分が近距離で、しかもこんなにじっくりと遭遇するとは思いませんでした。

やっぱりスマホが必要かな〜と、思った日曜日の朝でした。

Img_1554
これは地元の八重桜。満開です。

«花と団子を別々で

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ